03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

サラサ・ムカヤンはまだ出ず、、、 

大阪方面のムカシヤンマとサラサはすでに羽化始まっていると聞いたのでキロヤマ幼虫は延期し地元(兵庫)の発生のデータを取りに自分も出かけてきました、、、

シオヤトンボ♂
▲シオヤトンボ♂(縄張りで♀待ち…)

まずムカシヤンマの様子を見に来た場所ではシオヤトンボが完熟に至らないまでもすでに縄張りを持ち♂同士が軽い牽制合戦。
近くではまだテネラル個体がフラフラ飛んだり完全な未成熟がいたり、終齢幼虫が結構確認できたりと例年に比べかなりバラつき感が同水域に産す個体としてはありました。

エンマコガネの一種
▲エンマコガネの一種

道中目の前を歩いて横切るエンマコガネ類・・・低空飛行でたまに通り過ぎるイメージだったので個人的にはなんか新鮮(^^;)

途中に見つけたイノシシの糞の下にも同種が固まっていました。


他にも、

アジアイトトンボ♂
▲アジアイトトンボ♂
ヤマサナエ♀(テネラル)
▲ヤマサナエ♀
ナミハンミョウ
▲ナミハンミョウ
トラフトンボの羽化
▲トラフトンボ(羽化中)

依然寒さを覚えるものの春も盛りを過ぎ多種の生物の気配が感じられるように、、、

ニワハンミョウ、ウスチャコガネ、ジガバチ類(雰囲気的にヤマジガバチ?)、マルムネジョウカイ等も今日はよく見かけました。

ニジマス
▲何故か川にニジマスも、、、



ただ、以前ムカシヤンマの幼虫を確認した場所手前まで来てみるとそこから奥の一帯が立ち入り禁止になってしまっていたため少し予定変更し羽化殻ではなくまずは幼虫探しから始めることに。

環境は良いので怪しい場所を探せばたぶん見つかります・・・

ムカシヤンマ幼虫の環境
▲良さ気な谷筋、、、

で、写真中央少し奥の崖下から水が染み出していたので落葉を除けてみるとすぐに見つかりました(^^)

ムカシヤンマ終齢幼虫
▲ムカシヤンマ終齢幼虫

また最初に見つけたこの個体も終齢幼虫だったのですが後続の中にもチラホラ終齢が確認でき、そのどれもがまだあまり翅芽の膨らんでない個体ばかり。一応羽化殻も探してみましたが自分が見る限りでは見当たりませんでした。

イカリソウ
▲羽化殻の代わりにイカリソウを見つけたぐらい、、、


あと谷筋を少し上り林床手前まで来ると結構な数のカワトンボ(未成熟個体)が入っており、

「お、橙色翅ってことはニホンカワか、、」

「淡橙色の♀も居るやん、、」

「ん?無色翅・・・あ~アサヒナも混じってるんか、、」

と適当に近くにいる無色翅型を捕まえて確認したのですが、帰ってからブログ用に何頭もいた無色翅型の写真を見ているとちょくちょく違和感を覚える個体が、、、

ニホンカワトンボ未成熟♂
▲ニホンカワトンボ橙色翅型♂(未成熟)
ニホンカワトンボ
▲ニホンカワトンボ無色翅型♀(未成熟)

上の写真の♀もそうですがどうやら無色翅型のニホンカワも混じっていたようです(苦笑)

ホソミイトトンボ♂
▲こちらも谷筋に入っていたホソミイトトンボ



この後はサラサの羽化具合を見に別の場所へ移動、、、

ヒメウラナミジャノメ♂
▲ヒメウラナミジャノメ♂
ツバメシジミ♀
▲ツバメシジミ♀
カシワクチブトゾウムシ
▲カシワクチブトゾウムシ

こちらにも多数の昆虫が、、、

ただしこちらも羽化殻は一つも見当たらず・・・。

サラサヤンマ終齢幼虫
▲サラサヤンマ終齢幼虫

終齢幼虫を探して翅芽の膨らみ具合も確認してみましたが、やはりムカシヤンマ同様まだ少しかかる感じでした。


この後は山間の岩盤地帯でとある幼虫を探し夜の蛾まで時間を繋ごうと計画していたのですがその道中迷惑な事故渋滞に遭遇し豪く時間をくってしまい先に日没。懐中電灯じゃ効率悪いので近くのタカネ幼虫の状態だけ確認してそそくさと切り上げました。
PAもやはり車が多く、降車早々数匹地面のシミと化した個体を見た時点で車へUターン・・・こんな日は欲張らず直帰してデータ整理にでも時間を使うんだった・・・

次回のネタはまた蛾かな…(苦笑)
スポンサーサイト

[edit]

trackback: -- | comment: 0

目の錯覚、、、 

満月

気温が良い感じに上がったので今夜はたくさん見れるか?と期待していたのに、いざ仕事終わりの深夜3時、やけに辺りが明るいと感じ空を見上げてみると見事な満月(--;)
俗説で「満月の日には蛾が少ない」というのがありますが、あくまでも俗説だろうと高をくくりくり出したものの・・・見事に残念な結果。毎回集計して記録をつけているのですが明らかに少なかったです、、、

“火が無いところに煙は立たない”ということなのか(・・?)




ただ、(普通種ながら)一度見てみたいと思っていたムラサキシャチホコに出合えたのはせめてもの救いですね(^^)

ムラサキシャチホコ
▲ムラサキシャチホコ

こいつはコントラストが弱めだったのでいま一つですが、それでもまるで落葉が丸まっているかのように見える素敵昆虫♪
落葉そのものに似せたり小枝のように見せたりするのは結構いますが目の錯覚を利用するものはなかなか・・・色覚・視覚等が優れた生物ほど錯覚を起こしやすいことを考えるとまるで対人間仕様な気がして選択進化に何か作為を感じますね(苦笑)

もちろん進化の方法が(自然)選択進化を主柱としたダーウィンの唱える「自然淘汰説」こそ正しいと言うおめでたい頭はしていませんが、、、



今日はこの他に、

ツマアカシャチホコ
▲ツマアカシャチホコ
オオエグリシャチホコ
▲オオエグリシャチホコ

シャチホコガ科2種と、

オオハガタナミシャク
▲オオハガタナミシャク
ウラベニエダシャク
▲ウラベニエダシャク
マエキトビエダシャク
▲マエキトビエダシャク
アカモンナミシャク?
▲アカモンナミシャク?
アカモンコナミシャク
▲アカモンコナミシャク

シャクガ科複数。

アカモンナミシャクはえらく斑紋が出てない個体ですが他に類似種が思いつかないので本種かと、、、

アカモンコナミシャクは“コ”が付いてるだけなのに全然違う容姿なんですよね・・・同じナミシャク亜科なのに。


マエキトビやオオハガタなど5月から増える種も姿を見せ始めました(^^)



あと、

アカハラゴマダラヒトリ
アカハラゴマダラヒトリ
▲アカハラゴマダラヒトリ

以前載せたキハラゴマダラヒトリの今度は赤いバージョン(別種)も登場!

翅に一切の黄色味がなかったのでもしや!?と思い運試し感覚で(腹部背面を)確認するとやはり赤色でした。蛾が少ないのでこういったことに喜びを見つけないとね!(笑)

キバラモクメキリガ
▲キバラモクメキリガ

こいつは折れた小枝に擬態、、、

オオトビモンアツバ
▲オオトビモンアツバ

意外と県下で記録が少ないらしいオオトビモンアツバなんかもいましたがやけに敏感で即ロスト。

前に同じアツバ亜科のナミテンアツバを掲載したのですがあれも県下で記録が少ない注目種だったらしく、地道に通うことで得られる成果というものを強く感じます。


まぁ県下で2200種以上の種が記録されているので注目種も必然的に多数いる(=出合う確率割高)なんですがね(^^;)
ただ今のところまだ誰とも灯下採集の現場で鉢合わせすることがないことから察するに蛾屋も少ないのかなぁ・・・自分もトンボ屋(ヤゴ屋)なんでまだ標本に残すまではしていませんが情報交換できる地元主体のフィールドワーカーがもっと居て欲しいところ、、、

ベニスズメ
▲ベニスズメ

このカワイさを知ればイ・チ・コ・ロ☆だと思うのだが、、、

[edit]

trackback: -- | comment: 0

順調に発生、、、 

今回は自分で写真を撮ってないので簡単に、、、

一応カメラは持って行っていたのですが探すのに専念しようと思い車に置きっぱ・・・にしたのは失敗でしたね(--;)あわてて友人のコンデジを借りて目の前に来たオオルリを撮影しましたが、帰りにまた遭遇した際友人がデジ一で撮影した写真を見せて貰うとその綺麗さにかなり後悔(苦笑)

おそらく友人がガッツり記事にしてくれるはず!なので彼(Prof-Ogi)が撮影した写真を借りていつもよりちょい小さめ(笑)に手早く済ませます(^^)

ムカシトンボ幼虫の定位
▲ムカシトンボの定位個体

ちょうどしがみ付いたとこでした。この個体の羽化経過は友人がしっかり撮影、、、

ムカシトンボの羽化
▲羽化個体と次を探す自分

結構(8メートルほど)流れから離れ、斜面を登って羽化していました。

ムカシトンボ
▲少し面白い組み合わせ

帰りしにここは上陸してるだろと、川から陸、陸から斜面へと視線をやるとホントに止まっていました。前日に羽化して飛ばずに今日まで残っていた個体と、そのすぐ横に定位して今から羽化しようとしている個体が写っています。

・・・やっぱしカメラ持って歩くんだった(T T)


ミルンヤンマの羽化殻
▲ミルンヤンマの羽化殻

そのすぐ近くに引っ掛かっていたミルンヤンマの羽化殻・・・去年のものですがどうやって引っ掛かったのか(^^;)

オオルリ
オオルリ
▲オオルリ♂

ムカシトンボの羽化を見ているといきなり目の前に下りてきたオオルリ。コンデジの操作確認もできず慌てて撮るとこんなものです、、、

オオルリ
▲オオルリ(友人がデジ一で撮影)

梢に止まってるときちょくちょく糞をしていましたが、この石にも複数の糞の後が・・・よく止まりにくるのか??



結局今日は、

羽化不全1
定位2
羽化中2
前日羽化1
羽化殻8

を確認しました。

前回に比べ♂個体も増え出し♀は羽化終盤♂はこらから本番ってな感じがしましたが、やはら朝の気温が例年より低めで天気も不安定なせいか羽化開始は大体10時前からとちょい遅いように思います。ヒメクロやアサヒナの羽化殻や未成熟を見ないのも気になるところ、、、


ゴールデンウィークはいつも通り土日しか休みじゃないんですよね・・・マイカー族の渋滞にハマるのがオチなので別にいいのですが・・・休み明けに皆の遠征のブログ記事読んでも羨ましくなんてないですが・・・無駄に天気良いですが・・・最近地元じゃ狙う種(ヤゴ)無くなってきましたが・・・・・

一日中不貞寝かな、、、ww


ちょいとナゴヤとキイロヤマでも探しに隣県にいけたらいいなとは考えています。



~おまけ~

サツマイナモリ
▲サツマイナモリ
オチフジ
▲オチフジ(兵庫県Aランク)

[edit]

trackback: -- | comment: 0

リベンジ、、、 

先日サラサヤンマの終齢幼虫を採ったのですが、やはり羽化が近いためか県北部で採ったときより明らかに翅芽が膨らんでおり素直に喜べない状態・・・

仮称「サナギ(笑)」とでも勝手に呼びましょうか…あの状態を純ヤゴとは認めません。羽化のためにいつもより採りやすい場所まで出てきているので棲息している目安ぐらいにしか、、、、



なので今日は翅芽が膨らんでない終齢もしくはそれ未満の中齢、若齢を狙ってガサってきました!場所は新産地で採ってこそなのでまた違う場所。たつの市方面です。


環境写真
▲ヒノキの植林

車で走っていると面白そうなヒノキ林があったので少しより道、、、狙いはシーズン的には遅いですがとあるカミキリです。

脱孔
▲古い羽脱孔

ヤニが出ている木はいくつかあったものの残念ながら真新しい羽脱孔は見当たらず、当然成虫も。

最初に見つけた昆虫が、

フタスジサナエ(テネラル)
▲フタスジサナエ(テネラル)

たとえ林に入ろうとトンボなあたりカミキリに浮気しとらんと早よヤゴ探しに行けという暗示なのか・・・(^^;)

やはり未成熟は林床に入るみたいですね。数頭見かけました。

クロウリハムシ
▲クロウリハムシ
オオクチキムシ
▲オオクチキムシ


さてその後は寄道せずに気になっていた湿地(窪地)へ、、、

少ない経験ながら確実に怪しいと睨んでいた場所で、広さ的には畳半畳ほどしかない藪の中にある窪地。近くに♂が飛びそうな開けた場所があるので、僕の予想では十分♀が産卵に入ると思われ小さい窪地ながら木の根元辺りから滲み出し水もある年中湿潤の優良物件です(^^)

サラサ幼虫がいた環境
▲窪地の環境

窪地の周りは乾燥していて逃げ場が無い(=探し易い)のも今日みたいな半日しか時間が取れない日には好都合。個体数が多くても探し難い場所よりは狭くても探し易い場所の方が楽です。


で、

サラサヤンマ幼虫
▲サラサヤンマ若齢幼虫

ホントに潜んでいました♪

一昔前まで幻のヤゴと言われていたのにこれで良いのか(苦笑)と思うほどあっけなく、とりあえず上層の乾いた落ち葉をガッツり除けたあと湿った落葉を数枚めくると、

サラサヤンマ幼虫
▲発見時そのままの状態

こんな感じに鎮座・・・

それも狙っていた若齢個体でした(^^)



その後すぐもう一個体追加。そちらも中齢と狙っていた齢期です。

サラサヤンマ幼虫
サラサヤンマ幼虫
▲今日確認できたサラサ幼虫ニ個体

先に見つけた若齢は左前肢欠損個体でしたが問題無く歩行。探せば藪の中に似たような窪地がまだありそうですが今日のところは個体数ではなく終齢未満確認が目的だったのでここで切り上げました。


帰りに少しだけ羽化の様子を見に行ったもののそれで終了です。

フタスジサナエの羽化
▲羽化中のフタスジサナエ

天気も曇で気温も低くフタスジの羽化はバラバラ・・・羽化中の個体は二桁以上。羽化殻も100近く付いていましたがタベサナエにしろ今年は集団一斉羽化の光景を目にしませんね。

フタスジサナエ(テネラル)
フタスジサナエ(テネラル)
フタスジサナエ(テネラル)
▲フタスジサナエ(テネラル)

エグリトビケラ
▲エグリトビケラ
センブリ類
▲センブリ類

兵庫県にはヤマトセンブリの棲む河川が比較的多いのでセンブリ類を見ると一応確認するのですが・・・こいつもネグロっぽいですね。
県下には他にクロセンブリとウスバセンブリの計4種が確認されていますが後者2種はわかり易い姿をしています。


次はまた蛾の記事かな、、、(苦笑)

[edit]

trackback: -- | comment: 0

姫路のムカシトンボ、、、 

予定では今週末地元姫路産のムカシトンボの羽化を探しに行こうと思っていましたが、天気・気温・他の地域での羽化状況から考えて明らかに一歩出遅れてしまいそうな気が・・・

なので半夜勤明けから今日の出勤までの時間を使って急遽探しに行ってきました!丸一日起きっぱから仮眠30分でまた出勤となりますが通常運転です(笑)。日ごろ寝ない夜の方が多いので、、、

そしてその甲斐あって十分な成果とまさかのサプライズという短時間ながら内容の濃い散策に!また今日は島根っ子さんとその先輩のTさんも急遽参戦です♪
前日電話をした際いつものノリで駆けつけますと即決され、その後すぐTさんも自身の予定を変更して参戦することが決定(^^)

・・・参“戦”と表現していますがこの3人皆負けず嫌いなのでいかに成果を上げるかがホントに戦いです(苦笑)


ただ島根っ子さんは“足を痛めてしまったので今日は病院に行く予定”と最初聞いていたので明日の散策の話をしてしまったのは迂闊でした(--;)面白そうなら確実に病院延期してでも参戦するに決まってるのに・・・。

一緒に行くのはホント楽しいのですが気合いでは怪我は治らないのでね、、、常に活動している彼には偶には安静が必要かと(笑)



アミガサダケの一種
▲アミガサダケの一種

現地到着は羽化が始まるであろう9時頃。とりあず辺りを探しますがアミガサダケ類が生えてただけで上陸も羽化も見当たりません。

なので少しずつ上流へと上りながら探していきます。

アサギマダラの幼虫
▲キジョランの葉に付くアサギマダラの幼虫
イチリンソウ
▲イチリンソウ

時間が限られてるからとムカシトンボの羽化殻や羽化個体探しばかりに集中していると視野狭窄になりダメですね。いくつか見つけて余裕ができると他の色々なものも目に止まるのですが、Tさんが観察しているのに気がつかないとアサギは確実にスルーしてしまうところでした。他人の視点は本当に勉強になります!


そして羽化チェックを続けているとやっと、

ムカシトンボの羽化殻
▲ムカシトンボの羽化殻

本日一つ目の羽化殻を確認!

残念ながら羽化個体ではありませんでしたが昨日一昨日に羽化した個体のものと思われ、やはり一気に暖かくなったここ三日で羽化し始めたみたいです(^^)



そして更に上っていくと、

羽化中のムカシトンボ
▲ムカシトンボの羽化個体

島根っ子さんが見事羽化中の個体を発見!

時間的にちょうど10時を回ったぐらいでしたが、日中の最高気温が20℃を超える割に朝の気温が低めだったので少し羽化開始が後にズレていたみたいです。


その後は上陸し易そうな場所を中心にちょくちょく羽化殻が目につくようになり羽化の比較的多い区間に入った様子、、、

ムカシトンボの羽化殻
ムカシトンボの羽化殻
ムカシトンボの羽化殻
ムカシトンボの羽化殻
▲ムカシトンボの羽化殻


あと僕も羽化個体を確認(^^)

羽化中のムカシトンボ
▲ムカシトンボの羽化

羽化殻が付く場所もそうですがやはり上陸し易さを基準に探すと見つけやすいですね。勿論満遍なくチェックはしていますが結果論で言えば明らかにそう感じます。

環境写真
▲羽化個体がついている場所(赤円の位置)と周辺の環境

ここの産地では羽化自体は地面から見て膝丈以下で今回は全て行われていましたが、上の写真にも示すように意外と斜面を登った場所で羽化してるものが割合的に結構ありました。

次の個体も川面からは(垂直距離で)2メートルほど高い場所で確認。

ムカシトンボの羽化
▲羽化中のムカシトンボ

さらには、

ムカシトンボの羽化個体と羽化殻

上の写真の右下の赤円が先ほどの個体で、更に奥の赤円の位置でも1頭羽化途中。青円には、

ムカシトンボの羽化殻
▲ムカシトンボの羽化殻

仲良く2つ並んで羽化殻が付いていました♪

も一つ奥の木にも羽化殻が1つ付いていたのでよっぽどこの場所は上陸しやすいのでしょうかね?


撮影中、、、
▲撮影中に盗撮された僕(笑)

写真右下でも1頭羽化中ですが…先ほどの写真の奥の赤円の個体が絵になる感じで羽化していたので自己満足(笑)なアングルも求めてヤマビルが這う土手に自分も這って撮影!していたら島根っ子さんに撮られてました(^^;)

バリアングル液晶では気分が乗らないので大抵いつもこんな感じ、、、草むらで寝転んで小型長翅にマクロレンズ向けてる人を見かけたら僕か同類ですね。近寄らないように(バッタが逃げるので、、、)。

ちなみにヒルやダニは噛まれてから対処・・・島根っ子さんにも笑われましたが付かれることには諦めていますので(苦笑)

ムカシトンボの羽化
▲『8年越しの春』(←それっぽいタイトル?(笑))

一応そのとき撮影した写真、、、



少し引くと(ピンボケですが)こんな感じです。

ムカシトンボの羽化

やはりあまり登らず定位して羽化していました。

川からかなり離れて羽化していることがあるとも聞くのでそういった個体がいたなら諦めるとして、結局今回はここで切り上げで一応羽化個体1♂3♀と、羽化殻1♂5♀を確認。ちょうど出始めだったみたいで急遽探しにきて正解でした(^^)



そして今回ムカシトンボ以上に嬉しかったサプライズがこれ!

ヒダサンショウウオ

ムカシトンボが羽化していた斜面に上る際に崩れた場所からその特徴的な模様をした肌を覗かしていたのを偶然島根っ子さん発見!すでに繁殖期を終えてしまったのでまた来年に持ち越しかと諦めていたヒダサンショウウオです♪

ヒダサンショウウオ
▲ヒダサンショウウオ(成体)

一応この山系に棲息しているとは耳にしていたのですがこんなかたちで出合うとは・・・一度裏六甲に見に行こうかとも考えてましたが苦労せずに見ることができました(笑)


この後トラフシジミなんか見ながら一先ず車に戻ります。

トラフシジミ(春型)
▲トラフシジミ(春型)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


まだ少し時間があったので一路小野市方面へ、、、

ヒメタイコウチ
▲ヒメタイコウチ

繁殖期に入ったヒメタイなんかを見て楽しみながら湿地でとあるヤゴを狙ってみます。一応成虫は見ているのでどっかにヤゴもいるだろうと軽い気持ちで・・・

サラサとエゾの幼虫
▲サラサヤンマとエゾトンボの終齢幼虫

で、昨日もサラサを採っているTさんや先日サラサを採っている島根っ子さんも居そうと感じた場所だけあって僕が羽化の近い終齢1頭、Tさんが(羽化前で採りやすくなってる終齢以上に価値がある)中齢を1頭確認。ガサり難い場所ですが時間があればまだ採れそうです。がここで僕がタイムアップとなったので切り上げてもらいました。

あと写真撮ってないですけどホソミオツネンとシオヤの成虫もここで1頭ずつ確認。ヤゴに比べて皆の反応の薄さ(無さ?)に一人失笑、、、

エゾトンボ幼虫の背棘
▲エゾトンボ終齢幼虫の背棘①
エゾトンボ幼虫の背棘
▲エゾトンボ終齢幼虫の背棘②

エゾトンボの背棘についてですが綺麗な典型個体だったのでサンプル用に掲載しておきたいと思います。

よく①のような感じで若干斜め上から撮影している写真も見受けられますが、ちゃんと見ようと思ったら真横から背棘列に対してレンズが平行になる②のように撮らないと特に第9腹節の背棘の寝具合がタカネと比べ辛いです。あと終齢個体において翅芽の先端が第7腹節の根元に達する個体がエゾには多くビロエゾは更に長め、タカネは第6腹節の半ば辺りまでと少し短めである場合が個人的には多い気がします。
頭幅や体形もやはり違いは感じるので判らない場合はその辺りも撮影しておくか、できれば羽化させて確認するべきですね(^^)

ケラ
▲ケラ

こいつはおまけ(苦笑)

実は地中も進めて陸も歩けて水中も早く泳ぎ空も飛べる超ハイスペックだったりするスーパー昆虫!!

その実態は高燃費に悩むエネルギー(エサや水分)不足に弱いピーキー性能な頑張ってる子だったり(笑)


以上です。

本日は短いながら濃く楽しい時間を有難うございました(^^)またご一緒できること楽しみにしています!

[edit]

trackback: -- | comment: 0

小型種大量、、、 

マユミトガリバ
▲マユミトガリバ

月夜を眺める子猫を想わすようなマユミトガリバ。蛾が苦手な人もこのカワイイ奴を実際に見れば認識が変わるのではないかと思うほど魅力的な蛾です(^^)


今日も蛾に会いに深夜徘徊(笑)してきたのですが、暖かい夜だったためかかなり多くの蛾が出て来ていました。量も多いし既に記事が2つほど溜まってしまってるので今回は写真で流す感じでいきます。

まず蛾以外、、、

ヤモリ♀
ヤモリ♂
▲ヤモリ♀(上)と♂(下)

今年初のヤモリもたくさん張り付いていました。灯火の周りはまるで蛾のバイキング状態と彼等にとっては最高のロケーションです。

ユスリカの一種
▲ユスリカの一種

この類は面白いけど同定が難しい・・・。フサフサの触角(←♀の羽音を効率良くキャッチするため)があるので♂と判る程度ですね(--;)

ホソサビキコリ
▲ホソサビキコリ
ニンフジョウカイの一種
▲ニンフジョウカイの一種
オサムシ類
▲オサムシ類

この辺りも判らないのが多いです。ニンフジョウカイとか亜種がややこしすぎて端から調べる気ありませんし(苦笑)



続いて蛾の方ですが、

ヒメカバナミシャク
ナカオビカバナミシャク?
▲Eupithecia属sp.

Eupithecia・・・所謂カバナミシャクですが、小型のこのタイプの奴は頭に知識として叩き込んでおいてもいざ実物を見るとまるっきし同定できる自信が持てませんね(^^;)

上のはヒメカバナミシャクだと思うのですが下のはナカオビカバナミシャクかな?と思って撮影していたものの改めて見るとやはりよく判らん…ちょこまかと飛び回るので余計に見辛いうえに、飛んだ先で先ほどのはロストしてしまったのにまた違う個体が止まってたりしてどれを見ていたのか・・・(苦笑)


アカスジアオリンガ
アカスジアオリンガ
▲アカスジアオリンガ

先日見た個体と同じ赤茶色の部分が広い個体と、今日はアオが綺麗な個体も一緒にいました(^^)

オオシモフリスズメの前翅
▲オオシモフリスズメ♀の前翅

大型種は痕跡があっただけと最近見ないですね。

クロオビリンガ
▲クロオビリンガ

こちらもリンガの仲間。

キハラゴマダラヒトリ
▲キハラゴマダラヒトリ

今日もよく見かけたので腹部背面の黄色を撮影、、、

カギモンキリガ
▲カギモンキリガ
クロスジキリガ
▲クロスジキリガ
ケンモンキリガ
▲ケンモンキリガ
シロヘリキリガ
▲シロヘリキリガ

ヨトウガ亜科もそこそこ。カバやアカバ、チャマダラも健在でした。

キシタアツバ
▲キシタアツバ
ナミテンアツバ♂
▲ナミテンアツバ♂

同じヤガ科のアツバ(亜科)も新顔が2種今年初登場です(^^)


他にも、

クロフオオシロエダシャク
▲クロフオオシロエダシャク
シャンハイオエダシャク
▲シャンハイオエダシャク
フタホシシロエダシャク
▲フタホシシロエダシャク
フタヤマエダシャク
▲フタヤマエダシャク
モンオビオエダシャク
▲モンオビエダシャク
ウスベニスジヒメシャク
▲ウスベニスジヒメシャク
フタトビスジナミシャク
▲フタトビスジナミシャク
シャチホコガ
▲シャチホコガ
フサヤガ
▲フサヤガ
ホシボシトガリバ
▲ホシボシトガリバ
マイコトラガ
▲マイコトラガ
マエシロモンキノカワガ
▲マエシロモンキノカワガ
ヤマトカギバ
▲ヤマトカギバ

シャクガが多かったですが新顔や馴染みの顔も多数出てきていました。少し流しすぎ?・・・(苦笑)



帰りにトンボの羽化の様子も見に定点観察池にいくとクロギンの羽化殻が7つ。

あと帰宅後飼育容器を確認するとアオサナエが2頭、シオヤが3頭羽化していました。

クロギン羽化殻
アオサナエ♀飼育羽化


今日中にもう一つ更新できるように次の記事の写真の選定に続けて入りたいと思います(苦笑)

[edit]

trackback: -- | comment: 0

シャクガも徐々に、、、 

微妙に夜間の気温が低めだった近頃、、、やっと先日最低気温が例年並みまで戻ったので蛾の活性もあがってきているだろうと思い二日ぶりに灯火巡りしてきました。

マユミトガリバ
▲マユミトガリバ
ホシボシトガリバ
▲ホシボシトガリバ
サカハチトガリバ
サカハチトガリバ
▲サカハチトガリバ

やはりたくさん出てきていますね(^^)

最近は探さないと見つからない状態だったのが今日は次から次へと目につきます♪前回嬉しかったマユミトガリバも今日は前回のより綺麗な個体が登場!
猫よりは犬っぽい?耳のサカハチトガリバも数頭いましたが綺麗な耳は1頭だけでした。


キリガもまだまだ健在、、、

クロスジキリガ
▲クロスジキリガ
チャマダラキリガ
▲チャマダラキリガ
カバキリガ
▲カバキリガ

他には、

キマエホソバ
▲キマエホソバ

少し早めですがヒトリガ科のキマエホソバや、

シャチホコガ
▲シャチホコガ
ツマアカシャチホコ
▲ツマアカシャチホコ
ノヒラトビモンシャチホコ
▲ノヒラトビモンシャチホコ

出始めで綺麗なシャチホコガ科も数種。ノヒラは今日も二桁いましたが、、、(苦笑)

ミカドガガンボ
▲ミカドガガンボ

トイレには巨大なミカド様もいらっしゃいましたがこいつは梅雨明けぐらいから出てくるイメージだったのでちょっとビックリ・・・名前の分からないゴミムシ類も1頭落ちていました。あとツヤアオカメムシも…って前回と同じ個体かも(・・;)

キノカワガ
▲キノカワガ

・・・薄暗い場所だったのもあって一瞬分からなかったです。二度見して気がつきました(^^;)


あとはシャクガ科が増えてきたのも実感。ナカモンキとモンキも今まで1、2頭しかいなかったのが今日はそこらじゅうに見られました。

モンシロツマキリエダシャク
▲モンシロツマキリエダシャク
ハスオビエダシャク
▲ハスオビエダシャク
ハスオビエダシャク
▲ハスオビエダシャク
ナカウスエダシャク
▲ナカウスエダシャク
エグリヅマエダシャク
▲エグリヅマエダシャク
シタコバネナミシャク
▲シタコバネナミシャク
スカシエダシャク
▲スカシエダシャク

ハスオビはほんと個体差がはげしい、、、

シタコバネナミシャク等小さい蛾もこうしてみると綺麗な斑紋があったり味があって面白いです(^^)


アカスジアオリンガ
▲アカスジアオリンガ

ただこういった派手な蛾は更に面白い♪よく似たアオスジアオリンガとかいるので尚更(笑)


あと今日はもう一種派手な子が待っていてくれました!

ベニスズメ
▲天井近くに止まるベニスズメ

灯りからも遠い薄暗い天井に何かオーラを感じふと見上げると・・・ベニスズメが静止!!

調光補正を最大にし望遠レンズに付け替え撮影してもギリギリ写るだけと、一度刺激すると中々羽ばたきを止めないので静止してるまま撮りたいところでしたが已む無く長竿で下ろすことに、、、

ベニスズメ
▲ベニスズメ

・・・やはり止まってくれず(実際は羽ばたきながら前進しています…苦笑)


しかしなんちゅう派手な装いなのか、、、夏場よく見るキンモンガなんかも派手ですがどうも緑色や紅色をした蛾って特別感を感じるんですよね、、見るだけで嬉しくなるというか♪

なので今年も目標の一つにベニシタバなんかも入っていたり、、、



最後は帰宅後マンションの壁面についていた派手というよりはセレブな感じのヒトリガ科の一種を、、

キハラゴマダラヒトリ
▲キハラゴマダラヒトリ

生まれながらにして勝ち組って感じ?(笑)

類似種にアカハラゴマダラヒトリがいますが一応腹部も確認したのと翅も若干生成りな部分があるのでキハラで合ってるかと。


これからどんどん楽しくなってきそうです(^^)

[edit]

trackback: -- | comment: 0

ヤゴのエサやり、、、 

意外と載せる機会が無かったヤゴのエサやり。毎度たくさんの飼育容器を洗いつつヤゴの状態確認・エサやりを行うので撮影どころじゃないのですが、今回はずっと潜りっぱなしのウチワ幼虫の生存確認をするのでそのついでに少し撮影してみました(^^)


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


ウチワヤンマ幼虫を飼育するにあたり、水深、泥の量・質、エアレーションの有無など大まかに条件を変えて飼育する上での最適を模索しているのですが、今回掘り出すのはその中でも最も泥深い容器に入れて敢えて6ヶ月ほど放置していた個体。

ウチワヤンマ中齢幼虫
▲掘り出したウチワヤンマ中齢幼虫

で、その結果サイズそのままで底でじっとしていましたが弱った様子もなく無事生存。冬季は絶食状態で(泥深くに潜り)休眠していたことになりますが、他の個体をみてもそれが本来の姿のような気がします。




エサやりの方の方は、

まず手ずからエサを食べるタイプとしてアサヒナカワトンボを、、、

アサヒナカワトンボ幼虫
アサヒナカワトンボ幼虫
アサヒナカワトンボ幼虫
▲アサヒナカワトンボの食事

流水種だけあって大体エアレーションの近く(流れができてる場所)にいるのですが、少し遠めからエサの冷凍アカムシをピンセットで揺らしてやると警戒しながらも手前まで接近。そして素早く下唇を伸縮させ捕食という流れ、、、

イトトンボやまだ小さいヤンマなどは大体このタイプで食べてくれます(^^)


これがヤンマ科終齢になると警戒も少なくピンセットを水面上に持ってきた時点でロックオン・・・向こうから先に接近することも多々(苦笑)

あとトンボ科は積極的なショウジョウトンボや消極的なベニトンボなど様々ですが工夫すれば皆食べてくれるので飼育は楽な部類かと。

キイロヤマやコヤマの小さいヤツや、あとホンサナエなど底にいるサナエは眼前か触角の上でゆ~っくりユラユラさせればパクついてくれます。



続いて、次は勝手に食べてくれるタイプですが、

エサを待つミナミヤンマ中齢幼虫
▲顔だけ出してエサを待つミナミヤンマ幼虫

生きエサを用意できるのであれば先にあげた種含め手ずからやる必要もないのですが、小型種は冷凍アカムシが経済的かつ手っ取り早いので個人的にはそちらの方が楽。エサを多く食べる大型種(中齢以降のヤンマ科やオオヤマなど)がこのタイプで、ヒメダカ(熱帯魚店で一尾12円ぐらい)や今の時期からは調達し易い野生のクロメダカやおたまなどを一緒に入れといてやります。

ただしこの場合水がすぐ汚れるので水換え頻度があがり特に夏場は大変かな(^^;)

ミナミヤンマ幼虫の捕食
▲ミナミヤンマ幼虫がヒメダカの頭に喰らいついてるとこ、、、



種によって色々差異があったりハッチョウやウチワなど特殊なのもいますが今回は簡単にこの辺で、、、

[edit]

trackback: -- | comment: 0

早いのか遅いのか、、、 

天気が良かったので友人とムカシトンボの羽化や上陸幼虫の様子を見に姫路市北部へ、、、

各地ですでにムカシトンボやタベ、シオヤ、クロギン等の羽化の報告がもたらされるなか、地元ではタベの先発隊(集団羽化前に何頭かフライング羽化する子たち…)とシオヤの羽化程度しかまだ確認していないという例年より初見は早めですが全体で見るとそれほど前倒しとはいえない感じ。逆に今年の気候条件から考えると遅いような気もします、、、

ホソミオツネンやホソミイトも先々週辺りから一気に出てくるのではなくパラパラ様子見風に出てきているあたり、彼等も困惑しているのかもしれませんね(^^;)



環境写真
▲ムカシトンボ幼虫の棲む環境
タチツボスミレ類
▲タチツボスミレ類

前回ムカシトンボ幼虫を見に来た場所と同じ場所ですが、タチツボスミレ類やキランソウなど一気に賑やかな装いになっていました。

桜も山間ではまだまだ見ごろ(^^)

桜
ビロードツリアブ
▲花(ビラ)見中?のビロードツリアブ


で、肝心のムカシトンボの方は、

天気は凄く良く車内では暑いぐらいでしたが意外と風が冷たく朝の気温も4度とかなり低め・・・羽化本番は来週末かな?と考えつつも羽化が始まる9時頃に現地入りし一通り見て周りましたが、やはり羽化中の個体や羽化殻は見つかりませんでした。

その代わり、

ムカシトンボ上陸幼虫
▲ムカシトンボ上陸幼虫(石を除けた直後の様子、、)

探し出して3つ目の石の下で上陸個体をあっさり発見(^^)

ムカシトンボ上陸幼虫
▲こんな感じで裏にしがみ付いていたみたい(やらせ、、)


ただ、この個体は川の流れや上陸し易さからあの辺り確実に潜っているだろうと簡単に狙えたのですが、そこ以外小石や落葉ばかりで探すのが大変そうだったので(今日は昼頃までしか時間がないこともあり)手短に切り上げました。



・・・ちなみに羽化時期の目安用に持ち帰った上の個体、夜間一度脱走し、その時は運良くダイニングの机の下を歩いているのを見つけましたが深夜にまた脱走し今現在も行方不明…羽化しに出てくるのを待つとします(苦笑)


ミヤマセセリ♂
▲ミヤマセセリ♂
ナミアゲハ春型♀
▲ナミアゲハ春型♀

この後タベサナエやシオヤの様子を見に移動した池ではナミアゲハ、ベニシジミ、アカタテハ、ヒメアカタテハ、ツマキチョウ、スジグロシロチョウ、テングチョウ、ミヤマセセリと蝶も元気に飛んでいました。ナミアゲハは左の翅が少し変形していたものの出始めなのでまだまだ綺麗です♪

ホソミオツネン♂も1頭林床で確認。ただし他にトンボ(成虫)は居らず、、、

エゾトンボ亜終齢脱皮殻
▲エゾトンボの脱皮殻

あとこんなのを友人が見つけました。現場では泥で汚れていてエゾ属の殻としか判りませんでしたが、帰宅後アルコールで汚れを落とし軟化させてみるとエゾトンボの脱皮殻(亜終齢脱皮?)だと判明、、、すでに47種トンボを確認している池(群)ですが48種目もいることがわかりました。



そしてまた場所移動~

確実にタベが羽化していそうな池へ向かいます。

環境写真
▲タベサナエが羽化していた池
タベサナエ♂(テネラル)
▲テネラルなタベサナエ♂

で、到着早々フラフラ飛ぶテネラル個体を確認。

タベサナエ羽化殻
▲タベサナエの羽化殻
羽化途中のタベサナエ♀
▲羽化途中のタベサナエ♀(この20分後に処女飛翔)

時刻的に完全に羽化が終了しているタイミングでしたが、今朝の低温のせいか羽化開始が遅れていた模様。まだ3頭ほど飛び立つところでテネラル個体も7頭ほどいました。
羽化殻も同じ数の10個体分しか見つからなかったので今日がこの場所(たつの市内の池)では発生初日のようです。

シオヤトンボの羽化殻
▲シオヤトンボの羽化殻

水面に落ちたシオヤの羽化殻も1つありました。

ハネナシアメンボ無翅型
▲ハネナシアメンボ無翅型

オオアメンボが多数泳ぐ中おそらく水面で羽化途中だった双翅目を捕捉したハネナシアメンボも混じっていました。

ヒオドシチョウ♂
▲ヒオドシチョウ♂

今年はまだ見てなかったヒオドシチョウも登場。標準レンズだったのでダメ元で接近・・・長休止中だったのか頑張ったら30センチまで近づけました(^^)


この後は近所の定点観察池にだけよって終了です。

クロギン等
▲クロギン等、、、

クロギンは羽化間近の様子。ギンは1頭終齢がいましたが他は皆亜終齢以下。そして、、、

オオルリボシヤンマ中齢幼虫
▲オオルリボシヤンマ中齢幼虫

去年1つだけ羽化殻を確認していたもののまったくヤゴの姿を見れていなかったオオルリボシヤンマの幼虫が偶然入りました(苦笑)

入るときはこんなものです。いったいどこに隠れていたのやら、、、



p.s. 4月14日に(シオヤかシオカラオオシオカラか不明だったので)若齢齢から飼育中だったシオヤトンボが今年の飼育個体第一号として無事羽化しました。日中にやられたので気がつくとスーベニア(羽化殻)だけでしたが(--;)

[edit]

trackback: -- | comment: 0

猫耳+蛾=トガリバ、、、 

今日は朝の最低気温が2度と、久しぶりに車のフロントガラスが凍っていたので虫の出も悪いだろな~と思いつつもやはり灯火巡り。夏場は毎朝ヤブやマルタンの摂食飛翔する場所を探しにウロチョロしていましたが、今年は今の時期からウロチョロすることになりそうです(苦笑)・・・蛾が面白すぎる、、、


ノヒラトビモンシャチホコ
▲ノヒラトビモンシャチホコ

やはり今日もいました。計5頭確認、、、

マツキリガ
▲マツキリガ

地味なやつが多いキリガの中ではちょいと垢抜けたやつ♪

こいつも4月頃にしか出ない云わば蛾におけるスプリングエフェルメ??、、、早春と言うには僅かに遅いけど・・・。

ナカモンキナミシャク?
▲ナカモンキナミシャク?

外横線の感じが微妙なので先日見たモンキキナミか未見のナカモンキナミか悩みますが、直感としてはナカモンキナミシャクかと、、、

クロモンキリバエダシャク
▲クロモンキリバエダシャク

こいつは判り易いです(笑)


あと、

ニンギョウトビケラのなかま?
▲ニンギョウトビケラのなかま(とダニ)

蛾以外では異様に色の濃いニンギョウトビケラ(のなかま)と、

ツヤアオカメムシ
▲ツヤアオカメムシ

テカテカのツヤアオカメムシもいました(^^)




そして今日一番嬉しかったこいつ!

マユミトガリバ
▲マユミトガリバ

すでに時期が遅く翅がだいぶスレてしまっていましたが頭のネコミミは綺麗に健在!ほんと面白い頭しています。(けっしてネコミミ好きな訳ではありませんよ・・・ww)

こいつも見れるのが3月頃だけなので来年にお預けかな~と半ば諦めかけていましたが、走行中ふと目についた公衆電話BOXに立ち寄り扉を見てみると内側に静止していました。開けた拍子に落ちてしまいましたが最初腹側しか見えていなかったので何モンか分からず、背中の黒い毛束と独特な頭のフォルム見て初めて気が付いたのですが・・・翅の模様が知識にあったものの面影程度しかなく現場では少し困惑(^^;)


蛾はスレて判り難くなるうえに個体差も大きいものがいるのでもっと目を鍛える必要があることを実感した散策でした。

・・・ボロすぎて掲載してませんが今回も未同定が1頭いましたしね(>_<)

[edit]

trackback: -- | comment: 0

灯りに誘われて、、、 

最近仕事終わりの日課となりつつ夜間の灯火巡り、、、“今日は何が来てるか!?”という楽しみも然ることながら、いつまで見ていても飽きない面白いヤツが多いこと!!仕事の疲れも忘れさせてくれます(^^)

今年の夏はカトカラにも力をいれていきたいところですが、蛾が苦手な方は今後もちょくちょく蛾等がでてくること申し訳ない・・・勿論メインはヤゴ(と成虫)でいきますので!



灯火
▲遭遇率の高い街灯

道路沿いにある普通の外灯ですが、これと同じタイプがあと4つ道路沿いに並んでおりここでオオシモフリ・イボタガ・エゾヨツメを確認しています。

今日も何か来ていないかまず見に行ってみたのですが・・・初めて空振り(>_<)

小型種はそこそこいたのですが顔馴染みだったので次の灯火へ、、、


~~~~~~~~~~~~~~~~~

豊富PA(上り線)

いくつか外灯巡りしてみたもののあまり芳しくなかったのでラストに実績のある近所のPAへやって来ました。なかなか良い場所って見つからないものですね。

アカバキリガ
▲アカバキリガ

翅の黒斑がちょっと小さいアカバキリガいたり、

ノヒラトビモンシャチホコ
▲ノヒラトビモンシャチホコ

ここんとこ最も目に付くノヒラトビモンシャチホコがここでも6頭、、、


あと

オオシモフリスズメ♂(轢死体)
▲オオシモフリスズメ♂(轢死体)

やっと見つけた大型種は残念な状態・・・(--;)



なかなか振るわないな~と空を眺めながら一旦コーヒーブレイク。行き詰ったときは時間をおくのが一番です。

すると、

イボタガ

コーヒーを飲み終えた頃何処からともなくイボタガが灯火に飛来!

忙しなく飛び回りたまに外灯の傘に止まりますが中々下りてこず。しょうがないので網で採るかと車に取りに戻ろうとしたとき一気に急降下し、、、良い感じに車道と歩道の境の段差に止まってくれました(^^)

イボタガ
▲イボタガ


このあとまたすぐ飛んでってしまったのでこの勢いで散策再開。

モンキキナミシャク
▲モンキキナミシャク
クロスジキリガ
▲クロスジキリガ
ブナキリガ
▲ブナキリガ
アメバチの一種?
▲アメバチの一種?

さっきまでチョロチョロ飛んでいたのが止まっていたり案外薄暗い建物裏にもいたり、休憩ブース内でも名前はわからないものの面白そうなハチ類を発見。コンボウアメバチに似てますがこの類(たぐい)は蛾以上に種が判らないですね(苦笑)

あと、さっきイボタガを見ている最中隣の外灯に中型種も飛来し静止してたのでそっちも見に行くと、

トビモンオオエダシャク屋久島以北亜種
▲トビモンオオエダシャク

♂のトビモンオオエダシャクでした。こいつも春だけなので個人的には嬉しい出会い(^^)

他は、

未同定
▲未同定

エダシャクのよく判らない子がいあたのと・・・それと内臓ストロボの充電が間に合わず幽霊レベルにしか写せなかった中型種(たぶんオスグロ?)程度でした。

ただしオマケが、、、

イボタガ
イボタガ
▲イボタガ

最後お手洗いだけ寄って帰ろうと思い中に入ったのですが、「そういえば個室は見てなかったな?」とふと思いつき車椅子用のブースのスライドドアを開けると地面にイボタガ・・・(・・;)

それも先に見たスレてややボロい個体ではなくまだ綺麗な個体でした(苦笑)



そろそろキリガからシャクガの時期に入りますが、珍品じゃなくても美麗種(主観)に出合うためちょっと間灯火巡りが続きそうです、、、

[edit]

trackback: -- | comment: 0

念願の・・・!? 

広範囲から的確にポイントを拾い上げていくタイプと気になった場所ばかり重点的に浚うタイプ、お互い経験と直感に従いながらも常に考察を重ねてヤゴを狙う根本は同タイプなのですが、今日はそんな二人でヤゴを狙うとホントに効率も成果もあがるなと改め実感させられる一日でした♪

目的種にはフラれたものの直感で追加した場所にてサ○サ幼虫が採れるんですから・・・(苦笑)それも“狙って採る”ことができたので自信もつきましたしかなり嬉しかったです(^^)




マイコトラガ
▲マイコトラガ

前述で分かったかもしれませんが今日も島根っ子さんと二人でガサ。急遽平日に休みが取れたのですが、連絡すると時間をつくって始発で駆けつけてくれる彼は気合が違います!

それも今日は雨というのに・・・(カメラが濡れるのイヤだったので今回現場での写真は少なめ・・・^^;)


で、予定では今夜は蛾も採るつもりだったのですが如何せん雨天での集まり具合が心配だったので、まだ曇ってる早朝のうちに保険をキープしに先に一駆けしてきました。折角来てくれるんですからね!

そして豊富PA(下り線)にて運良くオオシモフリスズメ♂を1頭発見。上り線のPAに比べ小型種が多く特にマイコトラガが今日は多く目に付きました。

あと

イボタガ(瀕死)
▲イボタガ(瀕死)

何に轢かれたのか腹部だけ潰れているイボタガも先日エゾヨツメとオオシモフリがいた場所にて発見。タイミングさえ合えば3種が一度に見られる可能性もあるのか・・・(・・;)


~~~~~~~~~~~~~~~~~


そして合流、、、

ナゴヤ・キイロ
▲ナゴヤサナエ幼虫(左・中)とキイロサナエ幼虫(右)

まず終齢幼虫と現状を確認しておきたかったナゴヤサナエ幼虫を狙ってみましたが、前回狙ったときよりほんの僅かにヤゴの気配が感じられた程度でナゴヤは小っこいのが2頭それぞれ1頭ずつ採れただけ・・・何箇所か移動してみましたがまだ時期が早いのかどこもダメです。

他はオオヤマ、セスジ、コフキ、カマツカ、ギギ、フナ類を二人で確認しました。




この後今日のメイン目標に狙いを移したのですがポイントを絞り込めず今回は断念、、、

ある池に行けば確実に採れる種ですが、保護されてる場所ですしそれ以前に簡単に採れる場所で採っても個人的に価値はないので環境だけ見てガサはパス。またの機会に、、、



ただこうなるとあまりにも成果が乏しいのでここらで大物を狙ってみようと、


島根っ子さん:「あっこサラサの成虫多いらしいですね?」

僕:「そうみたいっすね、、、んじゃ幼虫狙えば採れるんじゃないですか?(ニヤリ)」

島根っ子さん:「Takaさんに任せますよ(ニヤリ)」

僕:「行ってみましょう!」


とここにきて追加で狙うような種でもない大物を狙いに追加(笑)

ただ二人とも採る気まんまんです(^^)・・・・・そして!!

サラサ・ネアカ・ハラビロ
▲成果

まさかの本当にゲット!写真ではサラサは5頭しか写っていませんが実際には終齢6頭確認。1頭撮影前に容器に溜まった水を捨てようとした際うっかり池に落としてしまうという凡ミスを僕がヤラカしてしまい(苦笑)、急いで足元をガサったものの何処かへ・・・サラサ幼虫を紛失してしまうとか複数頭採集してたからいいものの上半期にして今年最大のヘマですね(--;)


ちなみに一緒に移ってるのはネアカヨシヤンマ幼虫とハラビロトンボ幼虫です。石の下(陸上)にいたり落ち葉の間にいたりサラサ狙いなのでややこしいことこの上ありませんでしたが(・・苦笑)採れた場所としては面白かったです。


島根っ子さん:「これ・・・・(・・;)」

とか真面目な顔して渡された“サラササイズの”泥まみれの木の枝や、

島根っ子さん:「Takaさん・・・」

とニヤニヤしながら指差した先にいる泥まみれのヤゴ(ハラビロ)とかもややこしかったな・・・(笑)


たまに出てくるサラサの腹部に似たガガンボの幼虫とかも・・・。


サラサヤンマ終齢幼虫
サラサヤンマ終齢幼虫
▲サラサヤンマ終齢幼虫
サラサヤンマ終齢幼虫
サラサヤンマ終齢幼虫
▲♂(左)と♀(右)

あと冒頭に書いたことですが、

今回まず1頭目を運よく落ち葉の下の水溜りから見つけたのが僕。

ただこの運というのが“めくってたまたま居た!”という意味ではなく“怪しい場所を島根っ子さんより先にめくった”という意味あいが強く、どちらが見つけるかなんてタイミングの問題・・・遠慮なんてしてたら先に見つけられてしまいます(笑)

で、僕はその周辺をとりあえずガッツリ探り後続を狙う中、彼は色々な場所にアプローチ、、、そして2頭目を見事発見。

僕も今探してる場所も芳しくなかったので、

僕:「隣り邪魔していいっすか(笑)」

と、ちゃんと断りをいれて?隣りに入り怪しい落ち葉をひと掻き(コロコロコロ・・・)・・・・


・・・3頭目が転がって出てきました(苦笑)

その後も付近で粘ると4頭目、5頭目と怪しく感じた場所から見つかり、一通り探ったのでまた探る場所を変更、、、

ラストに落ち葉を一枚一枚確認していた島根っ子さんが6頭目を発見し一先ず切り上げました(^^)



結局僕一人だと最終的に採れる数は多いかもしれませんが一箇所一箇所にかける時間が長いので時間が足りません。結果的に潜んでいる場所に手が回らず見逃してしまうことも、、、
逆に彼の場合(一人なら何時間でも気になった場所で粘りはりますが)同行者がいるとどんどん移動しながら探るので潜り込んでるヤツは見逃してしまうことも、、、

今回も彼が一度通った場所のかなり際どい隙間で僕が。僕がスルーしてしまった落ち葉の間で採りこぼしを精査していた彼がそれぞれ見つけているので一人では一日仕事になっていたでしょうね(^^;)



この後は時間が微妙だったので汚れた胴長を洗うことも考え河川でガサして一先ずきりあげました。

ヤマサナエ終齢幼虫
ヤマサナエ終齢幼虫
▲ヤマサナエ終齢幼虫(同一個体)
ダビドサナエ終齢幼虫
▲ダビドサナエ終齢幼虫
ホンサナエ中齢幼虫
▲ホンサナエ中齢幼虫
オジロサナエ終齢幼虫
▲オジロサナエ終齢幼虫

ヤマ終齢は相変わらず良いフォルム、、、

ダビドは羽化の近い個体もいましたがガサった河川の水温がえらく低く他の河川よりは全体的に遅れてる感じ。他にはコヤマ若齢が多数とコオニ、ニホンカワ、オナガ等が入りました。

水昆は、

オオヤマカワゲラ
▲オオヤマカワゲラ幼虫
フタバコカゲロウ
▲フタバコカゲロウ幼虫
ムナグロナガレトビケラ
▲ムナグロナガレトビケラ幼虫
ヒロアタマナガレトビケラ
▲ヒロアタマナガレトビケラ幼虫
ヒゲナガカワトビケラ
▲ヒゲナガカワトビケラ

等や、

アミカ類の蛹

アミカ類のサナギを島根っ子さんが採集。

幼虫がけったいならサナギもけったいな姿という・・・どこかにアミカ類のいい図鑑はないものか(・・;)未知すぎて同定ができない、、、


日淡は、

シマヨシノボリ
▲シマヨシノボリ
ウグイ幼魚
▲ウグイの幼魚
カジカ中卵型
▲カジカ中卵型

などに混ざり少し大きめのカジカ類も入りました。

カジカ類(中卵型?)
カジカ類(中卵型?)

上の大きかった2匹はともに島根っ子さん捕獲個体ですが、これも中卵型になるのか・・・??


カジカ類等
▲カジカ類等、、


ラストは蛾を探しながら帰りました。

フタナミトビヒメシャク
▲フタナミトビヒメシャク
オサムシの一種
▲オサムシの一種
アカエグリバ
▲アカエグリバ

結局始終降ったり止んだりの雨模様でしたが、幸い狙い目にしていた場所は雨上がり後だったもののギリギリ問題ないレベルで、

オオシモフリスズメ♀
▲オオシモフリスズメ♀

何とかオオシモフリは灯火に飛来♪

それも今年に入ってから確認した11頭のうち♂は11頭(つまり全部♂・・・)だったのに、今日それぞれ1頭ずつみつけたのは両方♀!♂よりデカくて翅も幅広とスズメ蛾最大は流石の圧巻です。



今週末は用事で日中散策に出れませんが、どうせ夜間は灯火に吸い寄せられていると思うので(苦笑)また近日中には更新したいと思います。蛾のネタで・・・。

ではでは、、、

[edit]

trackback: -- | comment: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

カウンター

検索フォーム

メールフォーム

リンク

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。