05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

甲虫多し、、、 

トンボの方は全然ダメだったので夜の部メインの記事で、、、


ヒゲナガカミキリ
▲ヒゲナガカミキリ

到着早々目の前に止まっていたヒゲナガカミキリ。すぐ飛ばれましたがロングネットでなんとかお戻り頂いて撮影~~これは幸先良いんじゃない?と一人喜んでいると、、、

カツン・・・とすぐそばに甲虫系らしき落下音、、

アカアシクワガタ♀
▲アカアシクワガタ♀

まさかのアカアシ様でした(^^;)


その後も、

ノコギリクワガタ
ノコギリクワガタ♂(中型)ミヤマクワガタ
ノコクワやコクワ♀、ミヤマ♂等今日はよくクワガタが飛来。

U氏の指摘によりノコではなくミヤマであることが分かりました。ありがとうございます(^^ヾ

オオゾウムシ
▲オオソウムジ
アシナガオニゾウムシ
▲アシナガオニゾウムシ

ゾウムシ系もちょくちょく見かけ、

サクラコガネ
サクラコガネ
▲サクラコガネ
ノコギリカミキリ
▲ノコギリカミキリ

今までどこに集まってたのか、やけに虫影が濃い夜です♪

ヒグラシ

発生が始まったばかりのヒグラシなんかも来たり・・(苦笑)




そしてメインの蛾の方はというと、、、

タッタカモクメシャチホコ
▲タッタカモクメシャチホコ

前回たまたま来ていたのかと思ってたタッタカモクメも2頭飛来。県によってはⅠ類指定されてる種ですがどうやら個体数はそこそこいる感じです。

アカスジシロコケガ
▲アカスジシロコケガ
シロスジキノコヨトウ
▲シロスジキノコヨトウ
トラフツバメエダシャク
▲トラフツバメエダシャク

新顔は少なく期待していたカトカラは不在でしたが、既見種の飛来数はそこそこ。

シンジュサン
▲シンジュサン

この場所では目視確認だけだったシンジュサンのリベンジもでき、(深夜には消灯してしまう場所なので)短時間ながら楽しめた夜でした(^^)
スポンサーサイト

[edit]

trackback: -- | comment: 0

リベンジ、、、 

先日オニベニシタバに後翅の紅を撮る前に逃げられたので今日はそのリベンジ・・・というテーマで今日も今日とて灯火巡り(笑)

蒸し暑い曇りの夜とコンディションは良いので蛾の活性にも期待できます(^^)


ワモンキシタバ
▲ワモンキシタバ

到着早々足元の細い溝の中で何か黄色いのがバタついてると思ったらワモンキシタバでした。近くにシンジュサンの死骸も落ちていましたが大型種が一度ここに落ちる脱出は困難でしょうね・・・灯火の真下を通ってるので、「灯火の周りをグルグル→バランス崩して墜落→ジャストイン!」って流れを小型種含めよく目にします(苦笑)

モンクロギンシャチホコ
▲モンクロギンシャチホコ
ヒロヘリアオイラガ
▲ヒロヘリアオイラガ

灯火横の植え込みには今日もたくさんの蛾が、、、

たまに前日とまったく同じ枝に止まったままのヤツもいるのですが昼間隠れるとかしないのだろうか・・・。

サツマヒメカマキリ
▲サツマヒメカマキリ
ショウジョウトンボ♀
▲ショウジョウトンボ♀

えらく不自然かつ絶妙なバランスでひっくり返っていたショウジョウも、最初死んでるのかと思いつつ撮影し少しつつくと一瞬で復活。ただ単に平衡感覚が灯火で狂ってただけのよう、、(^^;)

チャノウンモンエダシャク
▲チャノウンモンエダシャク
ボクトウガ
▲ボクトウガ
アカスジアオリンガ
▲アカスジアオリンガ(夏型)
オビガ
▲オビガ

オニベニシタバが出始めたようにまた(蛾にとっての)季節の境目を迎えたようで、先日まではいなかったチャノウンモンエダシャクが今日は多数いたりボロくなっても頑張ってた春型が一新され夏型が出始めたり、、、

肉食のカワリモノ、ボクトウガも1頭飛来。



カトカラは今日は少なかったのですが、

フシキキシタバ
▲フシキキシタバ
ウスイロキシタバ
▲ウスイロキシタバ

後翅がカトカラ一黄色いフシキとカトカラ一薄いウスイロが数頭。

そして、

オニベニシタバ
▲オニベニシタバ

狙いだったオニベニシタバも2頭来ており1頭はすぐ飛ばれましたがもう1頭はなんとか撮影成功♪



あと、同所にミズイロオナガシジミなんかも来ていました(^^)

ミズイロオナガシジミ
▲ミズイロオナガシジミ

以上です、、、



スカシエダシャク
▲今日20頭以上いたスカシエダシャク・・・フロントガラスに止まったのでホワイトバランスを弄って記念撮影

[edit]

trackback: -- | comment: 0

鬼紅始動、、、 

フシキキシタバ
フシキキシタバ
▲フシキキシタバ

なかなか逢えずにいるコガタキシタバかと思いましたが、先に出逢えたのはよく似たフシキキシタバ。こちらの方が珍しいのですが今日は2頭いました(^^)

他にアサマキシタバ(ボロ)とワモンキシタバ(右後翅欠損)や、ホソオビアシブトクチバ、ハイイロキシタヤガ、アケビコノハあたりも同所に飛来。やけに色彩が豊かな日です♪

そして、

オニベニシタバ
▲オニベニシタバ

大きめのカトカラ、オニベニシタバもすでに発生していたようで鮮やかな紅色をチラチラ覗かせながら途中乱入!

綺麗な完品だったので禿げないように何とか後翅を撮影しようとネットイン後四苦八苦するも全く落ち着く気配が無く(--;)・・・結局閉じた状態を1枚すばやく撮影したと同時に闇の中へ、、、

何か弱らないけど大人しくなる方法無いのかなぁ・・・



オオウスベニトガリメイガ
▲オオウスベニトガリメイガ
オナガミズアオ
▲オナガミズアオ
ドクガ
▲ドクガ

他にもたくさん来ていましたが写真載せすぎてもしょうがない(&アップロードも大変f^^;)なので少しだけに。スズメガ科はキイロスズメがよく目につくようになり、時々コスズメやエゾスズメ、モモスズメ、ビロードスズメ、クルマスズメが混じるのですがすっかりお気に入りのウンモンスズメは雲隠れ・・・まだシーズン中なのにどこいったんだろう??

緑系のキョウチクトウスズメやトモエスズメもいつかは見たいところです、、、


サツマヒメカマキリ
▲サツマヒメカマキリ
コクワガタ♀
▲コクワガタ
コオニヤンマ♀
▲コオニヤンマ♀
オオツノトンボ
▲オオツノトンボ
アオカミキリモドキ
▲アオカミキリモドキ

[edit]

trackback: -- | comment: 0

銀紋の日、、、 

最近やっと梅雨らしくなってきましたが深夜徘徊癖(笑)が悪化の一途を辿る自分としてはやはり物寂しい日々・・・見に行くだけ行ってもやはり蛾が少ないです(泣)

しかしそんな中!仕事終わりに「(雨激しいけど見に)行くか~(--)」と気だるげに雨脚を長めていると近くの外灯下を何か中型種が横ぎった気が!!

急いでその外灯まで行き辺りを見渡すとやはり1頭雨の中飛びまわっており、ただスズメガのような勢いのある飛び方ではなくセダカシャチホコとエグリヅマエダシャクの中間のような飛び方(分かり難い?)だったのでいずれ墜落してくるだろうと高をくくり眺めていると(←たぶん傍から見ると強雨の中傘もささず外灯を見上げてる危ない人・・・)、期待通りアスファルトへヘッドダイビング!・・・いつも思うけど打ち所悪く死んだりする個体っていないのだろうか(・・;)


そして何ヤツか確認してみると、、、

ギンモンスズメモドキ

シャチホコガ科のギンモンスズメモドキ♀でした♪


以前羽化直後の個体は見たことあるのですがちゃんとした成虫をまだ見れて無かったのでこれは嬉しい出会い。それ以上にこんな天気の中会いに来てくれたことに(勝手に)感謝です(^^)

ギンモンスズメモドキ♂
▲以前見た個体.♂個体なのでケッタイなピンクの毛束を所持ww

オナガサナエ
▲オナガサナエ♀(テネラル)

あとオナガサナエも灯火に惹かれて今年もやってきていました。




そして本日土曜日は上手いこと梅雨の晴れ間となり、こりゃ行くしかないやろってことで鉄板コースを巡回してきたのですが・・・結果は“ギンモン”とつくものが何故かいつもより多く、気温が低く活性自体は悪かったものの新たにカトカラ2種追加に一度見てみたかったタッタカモクメとも御対面!
“ギンモン”スズメモドキが流れを呼んでくれた散策となりました(^^)


ギンモンシマメイガ
▲ギンモンシマメイガ

幼虫はスズメバチ科の巣の中で育つカワリモノの蛾。SAのトイレにいました。

ギンモンシャチホコ
▲ギンモンシャチホコ

・・・気がつけば知らぬ間に車内の天井に静止していた個体(苦笑)

ヒゲナガカワや羽虫、小型の蛾などは衣服に付いたのがよく侵入していますがさすがにギンシャチを連れ込んだ覚えは無いんだけれど・・・今年は初確認です(^^;)


ウスイロギンモンシャチホコ
▲ウスイロギンモンシャチホコ

ウスイロの方は灯火周りの草木で今日はよく見かけました。

アゲハモドキ
▲アゲハモドキ

こいつも今日は4頭灯火で確認。個人的には日中林道を横切る個体を見かけることの方が遭遇ケースとしては多いのですが他の方のブログなんかを見ると灯火にも来やすいみたいですね。

ジャコウアゲハ(中毒持ち)に擬態しているとされていますが、実物はけっこう小型で可憐な蛾。今日は奇抜な蛾の一つ、クシヒゲシマメイガに撮る前にロストされてしまったのですがあれに比べるとアゲハモドキは唯単にジャコウアゲハに似ているだけの綺麗な蛾であっても不思議じゃないかな、、、

アケビコノハ
▲アケビコノハ

立派なパルピ(下唇鬚)が特徴のアケビコノハもプランターの縁に。後翅の撮影をしよと刺激すると既に体はあったまっていたのか1枚撮影できただけでそのままロスト・・・捕まえて撮影するんだった(--;)


他は、

オオミズアオ
▲オオミズアオ

そろそろ夏型も出始め?

エビガラスズメ
▲エビガラスズメ
スカシカギバ
▲スカシカギバ
ヨツメエダシャク
▲ヨツメエダシャク

コヨツメばっかりだったけどやっとヨツメとも(^^)

カバイロモクメシャチホコ
▲カバイロモクメシャチホコ
トビイロシマメイガ
▲トビイロシマメイガ
モンシロルリノメイガ
▲モンシロルリノメイガ

ノメイガにしては地味だけど何故か口吻伸ばしてて面白かったので撮影、、、

ベニシタヒトリ
▲ベニシタヒトリ
マイマイガ
▲マイマイガ

とあるコンビニの灯火に腐るほど飛来(苦笑)、、、

ゴマケンモン
▲ゴマケンモン
エゾシモフリスズメ
▲エゾシモフリスズメ
クルマスズメ
▲クルマスズメ

等が来ていました(^^)


蛾以外は少なかったのですが、

オオマドボタル
▲オオマドボタル

ゲンジとカクムネベニも1頭ずつ確認。

コクワガタ
▲コクワガタ

生きたコクワ♂3頭と、

コクワガタ(死体)

コンビニの灯火を中心に計9頭の亡骸も確認。写真は40センチ四方に3頭死んでたのをちょいと寄せて撮影したのですがまだ2頭近くで☆になっています。死因って・・・?

チビクワガタ
▲チビクワガタ

こいつは別日ですが、実は一番謎で家の寝室に落ちていた個体・・・洗濯物にでも紛れていたのか(ーー;)



ぐらいですね。

で、今日の個人的な一番の収穫は、

タッタカモクメシャチホコ
タッタカモクメシャチホコ
▲タッタカモクメシャチホコ
ワモンキシタバ
ワモンキシタバ
▲ワモンキシタバ
ウスイロキシタバ
▲ウスイロキシタバ

に出合えたことですが、タッタカモクメは予想以上にカッコよく頭部の青いラメのアクセントも見たかった部分ですが翅や腹部の模様に実物では目が釘づけ・・・白黒でもつい撮影してしまいましたがシブいです♪

ワモンキシタバは言わずもがな、、、ウスイロも評判どおりの上品さかつ発生時期が短めという出合い難さも嬉しさ倍増。帝王ムラサキに向けて順調です(^^)



今夜はまた天気が怪しくなってきますが集まり具合はいかなものか、、、






~おまけ~

ヤママユの幼虫

ヤママユの幼虫、、、

ヤママユの幼虫

巨大な幼虫がそこいらで喰っていました。

[edit]

trackback: -- | comment: 1

後悔○○立たず、、、 

・・・ブログタイトルは半分身内ネタなのでお気になさらず、、、


予定通りホソミモリトンボ幼虫を狙いに往復1250キロほど走って来ました。場所は伏せますが僅か数例だけしか記録のないおそらく今現在南限と思われる場所です。

多産地域まで行けば難易度は下がるのですが折角狙うなら記録としてより意味のあるものを!とこの場所にしました。が、やはり難しいですね(^^;)
結果的には同行した島根っ子さんが窪地で終齢幼虫の死体を1頭見つけた(やはり棲息はしているみたいです。)だけに終わりましたが、計5時間ほど湿原にある小さな窪地を掘り続け目ぼしい所も怪しい所も微妙な所も唯目に付いただけの所も無理やり窪地にした所も片っ端から探した感想としては・・・採れる場所に出てきてる気がしませんわ(苦笑)


かなり棲息密度の低い産地であることは承知の上でそれでも採れる範囲まで出てきていれば採る自信はあったのですが、今回雨不足のせいか良い感じの窪地すら無く、中は泥では無く枯れたミズゴケが堆積してしまっており底まで掘ったところで、、、、

稀にミズムシが少し溜まっている箇所にぶつかり「くるんじゃね!?」と期待が高まりますが結局来たのはガガンボの幼虫1頭…特殊なヤゴだけにホソミモリを狙うと他のヤゴはほっとんど入りません。稀にルリボシが入る程度で、それはミズゴケ湿原の開水面の方をガサればいくらでも入るので今回は無駄に期待させる面倒なヤゴでしか(--;)

また開水面の方ではカオジロトンボとヨツボシトンボ、エゾイトトンボ、アオイトトンボ、クロイトトンボ、アカネ属若齢(たぶんムツアカネ)も確認できました。が、ホソミモリ以外眼中に無いので写真すら撮らずその場でリリースです。


おそらく完全に干上がって周りの植生が蓋をしてしまってる窪地の下やザルでは届かずDフレームネットでは入らない辺りのミズゴケの下、はたまた全く予想外の場所にでも引込んでいるんでしょうね・・・いづれリベンジしたいと思います(^^)




写真は主に二日目に撮影したもの。初日は雨で夜間の灯火も集まりが悪く日中もガサメインでしたので、、、


環境
白樺

やはり高地だけあって植生も白樺やブナがメイン。気温は少し低い程度です。

チュウブマヤサンコブヤハズカミキリ
▲チュウブマヤサンコブヤハズカミキリ

初日湿原に行く道中危うく踏み潰すところだった今回の狙いの一つでもあるコブ。結局この1頭しか見つからなかったのでホントに踏まなくてよかったです(^^;)

カオジロトンボ
カオジロトンボ
カオジロトンボ
カオジロトンボ
カオジロトンボ
カオジロトンボ
カオジロトンボ

カオジロトンボもすでに沢山見られました。あまり撮る機会が無いので写真も沢山撮影・・・したもののやはり殆どが♂ですね。♀単独で水域にいるとこは全く見ず、産卵途中にミズゴケにベっと止まってるのや林の方から出てきて♂に即行捕まるまでの僅かな間しか♀単独は見なかったです。

あとここの♀は全て同色型で♂と同じように赤が綺麗なタイプでした。

カオジロトンボ
カオジロトンボ
カオジロトンボ
カオジロトンボ

交尾は長いのでそこら中にタンデムペアは見られ、

カオジロトンボ

15分に1度ぐらいの頻度で今日は♂×♂×♀の3連結も(笑)

ホントにカオジロ♂はよく連結しますね、、、

カオジロトンボ
カオジロトンボ
カオジロトンボ
カオジロトンボ
カオジロトンボ
カオジロトンボ

・・・すべて別のコンビww

カオジロトンボ

大抵3連結はすぐバランスを崩し墜落、“ガサガサガサガサッ”って音がする方を見に行くとこんな感じで絡まっており何度か飛び立ちますが長くても30秒以内には先頭の♂が諦めるって感じでした。


ガサ中の事だったので写真には撮れませんでしたが、♂と♂のタンデムも何回か、あと最後の♀がカオジロではなく、

ダビドサナエ♀

この写真のダビドサナエだった3連結も確認。さすがに違和感があったのか10秒ほどで分かれてしまいましたが、見つけた僕も何か違和感を感じ慌ててザルを投げ捨て急いで飛び立つ前に先にそこへダイビング!何とか逃げられずダビドとはっきり確認できました。

ただこのダビドサナエ(手が汚れてたのでAF任せに適当に撮ったら指にピントが・・・帰宅後気づき後悔、、)捕獲した瞬間は「ん?コサナエ(・・?)」と思うほど胸部の黒条の変異が激しく、黒条縮小型としては今まで見た中で断トツの変異個体。

3連結かつ異種間連結、でその異種は変異個体・・・もはやカオス、、(苦笑)


カオジロトンボ
カオジロトンボ

羽化個体やテネラル個体もちょくちょくいました(^^)

ヨツボシトンボ

ヨツボシトンボも健在。

エゾイトトンボ

カオジロより多かったエゾイトトンボ。

エゾイトトンボ
エゾイトトンボ
エゾイトトンボ

♀はノーマルと同色型が半々ぐらいの割合でした。そしてエゾイトといえば、

エゾイトトンボ
エゾイトの潜水産卵

中々警戒心が強く近づく振動だけで“サササッ”と出てきてしまいますが、じっくり待ってると目の前で潜水産卵♪

♀は産卵に集中しているのでしょうが、この時♂は何を考えてるんでしょうね、、、w





あとはトンボ以外ですがまずは蛾以外。写真撮影していないもの(記録用の捕獲を優先したものやガサ中に見つけたものなど)としては、

キベリタテハ
チャマダラセセリ(全国Ⅰ類)
ウンモンテントウ

辺りも嬉しかったです(^^)


エゾハルゼミ♂
エゾハルゼミ♀
▲エゾハルゼミ♂(上)と♀(下)

一日中鳴いていました…大概高い枝先で鳴いていましたがちょくちょく低い場所や下草に止まってる個体もおり写真の♂はそれ。♀は帰りの高速のSAで拾った個体(笑)。

キヌツヤミズクサハムシ
キヌツヤミズクサハムシ
キヌツヤミズクサハムシ
▲キヌツヤミズクサハムシ(スゲハムシ)

全部同種。構造色の個体差の関係で様々な色のバリエーションが出るスゲハムシですが、ここまで一箇所にいる個体達がカラフルなのは始めてでした(・・;)

ギンイチモンジセセリ
ギンイチモンジセセリ
▲ギンイチモンジセセリ
ヒメシジミ
▲ヒメシジミ

地元のヤマトシジミばりに普通に草地を飛んでいました(苦笑)

あとキバネツノトンボも1頭飛んでたので捕獲。環境の良さが感じられます、、、

ツマグロイナゴの幼虫

たぶんツマグロイナゴの幼虫。期待していた直翅はイマイチだったかな、、、

ホンドギツネ
▲ホンドギツネ

助手席の人はリアルプーさん(全国Ⅱ類)に上げる蜂蜜(ネタ)を買って行こうとしていましたが残念ながら出没せず。サル・キツネ・タヌキ・ウサギのみ・・・ww

ミヤマクワガタ
▲ミヤマクワガタ

灯火に来ていました。

あとコンビにでコクワの亡骸少しと車道でヒラタ♀っぽい亡骸、グランドでノコクワ♀も確認。甲虫もどんどん出てきだしましたね。

ヤマキマダラヒカゲ

さすがに高地だけあって全てヤマキマダラヒカゲでした。



後は蛾を、、、

灯火
▲雨上がりの灯火

意外と良さ気な灯火が無かったものの灯り自体が少ないのでそれなりに寄ってきていました。これで天候がよければ(>_<)

そして期待していた地元では見れない北方種の方も残念ながら飛来せず、いても兵庫県北部で観察可能な種程度。やっぱこういった場所は晩夏のカトカラにこそ本領発揮するんでしょうね、、、

オオカギバ
▲オオカギバ
オオベニヘリコケガ
▲オオベニヘリコケガ
カラフトゴマケンモン
▲カラフトゴマケンモン
アミメケンモン
▲アミメケンモン
ギンモンカレハ
▲ギンモンカレハ
アカイラガ
▲アカイラガ
クロスジカギバ
▲クロスジカギバ
サラサエダシャク
▲サラサエダシャク
マエキカギバ
▲マエキカギバ

オオカギバは以前ボロしか撮影してなかったので再度撮ったものですがそれ以外は今年新顔・・・頻繁に灯火巡りしていても数種は毎回新顔と出合うんですから面白いです。1周期(丸一年)過ぎたらヤゴ屋と素人蛾屋の二枚看板に変更しようか・・・

マルシラホシアツバ
▲マルシラホシアツバ

オオシラホシアツバに混じり1頭マルシラホシもいました。

ヒサゴスズメ
▲ヒサゴスズメ

やや山地性のヒサゴスズメも地元では難しいかなと北部で探す予定にしていましたが、今回あっけなく確認。小型ですがとても上品な種で一気にお気に入りに追加(^^)


あとはシャチホコガ科が何種か、、、

クロテンシャチホコ
▲クロテンシャチホコ
シロテンシャチホコ
▲シロテンシャチホコ

クロテンとシロテンが示し合わせたかのように同じ道の駅に、、、(苦笑)

シロテンシャチホコ

スレてますがこれもシロテンシャチホコ。シロの方は結構そこらじゅうの灯火で見かけました。

アオシャチホコ
▲アオシャチホコ
タテスジシャチホコ
▲タテスジシャチホコ
ニッコウシャチホコ
▲ニッコウシャチホコ
モンキシロシャチホコ
▲モンキシロシャチホコ

以上です。

島根っ子さん二日間お疲れ様でした!また夏にネキ狙いのついでに今回不発だったカミキリのリベンジに行きましょう(^^ヾ

[edit]

trackback: -- | comment: 0

Ambulyx属、、、 

日本に生息するスズメガ科ウチスズメ亜科Ambulyx属には、

ホソバスズメ
フトオビホソバスズメ
モンホソバスズメ
アジアホソバスズメ

の4種がおり、今年はまだタダホソ(ホソバスズメ)とは何故か出合えていなかったのですが本日やっと姿を見せてくれました(^^)

ホソバスズメ
▲ホソバスズメ

次辺りはクロメンガタ見たいな~・・・

ニシキギスガ
▲ニシキギスガ
セマダラコガネ
▲セマダラコガネ
シンジュサン
▲シンジュサン

今日もシンジュサンは数頭、、、(苦笑)

シラフクチバ
シラフクチバ
▲シラフクチバ

今日は4頭確認したシラフクチバですが1頭白帯の発達した個体が混じっていました。

キシタエダシャク
▲キシタエダシャク
オオフタモンウバタマコメツキ
▲オオフタモンウバタマコメツキ

大型のコメツキで跳ねる際の音が豪快なヤツ。2頭飛来。

ウンモンスズメ
▲ウンモンスズメ

お気に入りなので今回も登場~ただ希少性は低く週5ぐらいで出合ってるような(^^;)

ウスアオリンガ
▲ウスアオリンガ
ミドリリンガ
▲ミドリリンガ

最後は2種の緑系リンガ。ある外灯に集中してウスアオリンガが複数頭飛来していたのですが、その中に何か違和感がある・・・というかウスアオをそのままデカくしたようなボスっぽいのが1頭鎮座(・・;)

蛾の姿は覚えてても実物を見たこと無いものは希少種以外そのサイズまではちゃんと把握してないことが多く、今回もミドリリンガもアオスジアオリンガやアカオビリンガ程度のサイズだとばかり思い込んでしまっていたので「デカっ!?」と一人予想外な感動を味わいました、、、

メガマックしかりHappyプッチンプリンしかり、車ならマイバッハか? 通常のイメージサイズより明らかに大きいと無駄に感動してしまいます(苦笑)




一応今週末の予定・・・難関種ホソミモリトンボ幼虫狙ってきます。ヤゴ屋なので!蛾屋じゃなくてヤゴ屋なので!(大事なので二度言います!)

[edit]

trackback: -- | comment: 0

シンジュサンがいっぱい、、、 

所用の京都からの帰り道、今週末は何も見れてないのでせめて蛾だけでもと思い下道でゆっくり帰宅。向こうを日付が変わる頃出たのに帰ったのはすっかり日が昇ってからという、悪足掻きの割には結構楽しめえらく長時間遊んでしまいましたww


コクワガタ♀
▲コクワガタ♀

灯下に落ちていた個体。帰りに寄ったガソリンスタンドのトイレで40ミリ越えのそこそこ立派な♂も拾ったのですが、適当な箱に入れて車に乗っけてたら何時の間にやら脱走・・・車内をくまなく探したものの見当たらず、おそらく窓全開で走ってたので出てった感じ??

車内で☆になって後々見つかるよりは断然いいのですが(^^;)


シンジュサン
シンジュサン
シンジュサン
▲シンジュサン

・・・自分の中でのジンクス、“一度見ると後続は簡単に見つかる”はシンジュサンにも適用されるのか。あちこちにいました(苦笑)

シンジュサン

何気に休憩に入った自販機コーナーの網戸にも、ふと見るとシンジュサン、、、横の中型シャクガはたぶんハミスジエダシャクかな(ーー;)

シンジュサン
▲シンジュサンの顔

シンジュサン
シンジュサン

結局静止していたのは4頭。あと高い灯火周りに時折誘われて姿を見せるのが何頭かいましたが遠くて個体識別ができないので同一個体が混じってた可能性大。それでも最低5頭は同所で短時間の間に確認できたことに(^^)


また篠山方面の池でもシンジュサンっぽいのが一度飛来しましたがこちらはすぐロスト。その場所では近くにハンノキ林でもあるのかオナガミズアオ6頭とオオミズアオも2頭(1頭は死体)が湖畔に一つだけある灯火で確認できました。

オオミズアオは今日も多く散策全体で計20頭弱確認。破損が酷かったり潰れてたりでオナガとの判別不可がいるので集計がやや雑になりがちですが、、、

オオミズアオ
▲一見オナガっぽいオオミズアオ


他は、

アトヘリヒトホシアツバ
▲アトヘリヒトホシアツバ
オオバナミガタエダシャク
▲オオバナミガタエダシャク
ギンスジアオシャク
▲ギンスジアオシャク
クチバスズメ
▲クチバスズメ
クロスジアオシャク
▲クロスジアオシャク
スズキドクガ
▲スズキドクガ
ツマキホソバ
▲ツマキホソバ
ナミガタシロナミシャク
▲ナミガタシロナミシャク
ネジロキノカワガ
▲ネジロキノカワガ
プライヤキリバ
▲プライヤキリバ
ベニヘリコケガ
▲ベニヘリコケガ
マイマイガの幼虫
▲マイマイガの幼虫

などが目につき(既見種でも状態が綺麗なら)撮影しましたが、もちろんその他多種多数を確認。そろそろプチ写真集が作れる程度には蛾の写真が溜まってきましたが、これからの夏~冬にかけてが本番!一年で500種は越えたいところですね(^^)

キマダラコウモリ
キマダラコウモリ
▲キマダラコウモリ

カワリモノの蛾。コウモリガの仲間ですがまさにコウモリという名がピッタリなやつでした。この仲間も見てみたい蛾の一つでしたが本日達成♪

以上です。




~おまけ~

オキナワコヤマトンボ幼虫
オキナワコヤマトンボ幼虫
▲オキナワコヤマトンボ幼虫(同一個体)

約一年前にちっさい個体(写真一枚目)を島根っ子さんより預かり飼育してきた個体ですが、すっかり立派な終齢(写真2枚目)になりました。南方種なので冬場は地元棲息種と同様とはいきませんがそれでも手間が増える程度と、個人的には飼育は中難易度ってところだったかな、、、

唯羽化さすことを目的とした初期段階は十分越えたと思えるぐらいには飼育経験を積んでこれたはずなので、そろそろ次の段階に入りたいと思います、、

[edit]

trackback: -- | comment: 0

ヒキの強い二人、、、 

先週末島根っ子さんと灯火巡りしてきたのですが、今の時期一番見たかったアイツ(後で登場)に最後の最後で遭遇♪小雨がパラついたりガスが出たりとコンディションには恵まれませんでしたが、二人で行くと必ず成果には恵まれる・・・というか意地でも見つけ出す強引なヒキと、運も何だかんだ良い方なのでそっちのヒキで今のところ不完全燃焼無し!今回も楽しい散策となりました(^^)


ウチワヤンマ終齢幼虫(トンボ化済み)
▲ウチワヤンマ終齢幼虫(羽化間近)

蛾の前は当然ガサです(笑)。以前ウチワ幼虫を多数確認した場所の近くだったので現状を見に寄道。一発目で島根っ子さんが上のヤゴを採りましたがあまりのトンボ化具合に二人して失笑、、、

見た目の変化は面白いのですがヤゴとしての美学は無いので、

ウチワリリース

“ウチワ幼虫”を躊躇いも無くリリース(笑)・・・最近希少種や難関種の感覚がマヒしてきているような(--;)

(※写真の遠投はネタ撮影。実際は入ってくれた感謝を籠めて優しく逃がしています。・・・ただし島根っ子さんの格好はウチワを採ったときのまま。レインコートに傘差しで足元はサンダル。片手に持った安いのにメガネ、オオサカ、ウチワ等と異様に採集歴が濃いいつか間に合わせで購入してはったガサ網(名器)という、なんでウチワ採れるの!?といったスタイル(笑)。おそらくこの1頭しかこの場所に残っていなかった感じですが胴長着て根こそぎガサったのにコフキやハグロだけだった自分としてはなんか納得いかないような・・・ww)


ウチワの前にも別の場所でガサってましたが、成果は、

オオアオイトトンボ
コバネアオイトトンボ
ホソミオツネントンボ
アジアイトトンボ
クロイトトンボ
ノシメトンボ
ネキトンボ
ナツアカネ
マユタテアカネ
オオヤマトンボ
コフキトンボ
コシアキトンボ
シオカラトンボ
タイワンウチワヤンマ
フタスジサナエ

程度。狙っていたアカネ系がからっきしだったのですが、こればかりはタイミングがズレると全然入らなかったりするのでまた時期をずらしてみることにします。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

続けて夜の蛾も時系列で書いていきたいところですが・・・

次の日もその次の日も毎晩何かしら観察しててどんどん写真が溜まる一方(=ブログのネタが増える一方)なので、順番関係なくここ1週間のネタはまとめてしまいますね(^^;)


仕事場で外で一服しようと思ったら足元でゲンジボタル光ってたり、帰宅しふと外を見ると網戸にコクワガタ止まってたり、、、異様に昆虫との遭遇率が高く嬉しいのですがブログ更新する余裕が・・・(苦笑)



コクワガタ
▲コクワガタ

・・・網戸のホコリが顎や触角に絡まってるのにこの記事書くまで気づかず。オシャレに撮ったつもりだったのにこれじゃしまりませんね(^^;)


ゲンジボタル
▲ゲンジボタル
ゴホンダイコクコガネ
▲ゴホンダイコクコガネ(島根っ子さん発見)
ヤツメカミキリ
▲ヤツメカミキリ
ヒゲコメツキ♂
ヒゲコメツキ♀
▲ヒゲコメツキ♂(上)と♀(下)
ヒカゲチョウ
▲ヒカゲチョウ

蛾に一番ハマっていますが勿論それ以外も大歓迎(^^)とにかく色んな生物に逢いたくて自分も灯火に誘われています。

アジアホソバスズメ
▲アジアホソバスズメ
モンホソバスズメ
▲モンホソバスズメ
エゾスズメ
▲エゾスズメ
キイロスズメ
▲キイロスズメ
ビロードスズメ
▲ビロードスズメ
ブドウスズメ
▲ブドウスズメ

他にセスジスズメ、ウンモンスズメ、コスズメ、モモスズメ、コウチスズメ、ウチスズメ、ハネナガブドウスズメ、フトオビホソバスズメ、クロホウジャクも確認。

ウチスズメは仕事中に外を飛び交っているのを見つけたのですが、この日は上司と一緒だったので目を盗んで捕獲&同定が限界・・・車に積んでるカメラであの綺麗な後翅の撮影まではできず(>_<)

オオミズアオ
オオミズアオ
▲オオミズアオ

写真の2頭は別日別個体ですが、完品じゃない個体も含めるとここ数日で軽く二桁は来てました。特に昨日(5日)は3時~4時の間に計11頭が同SAに飛来(到着時に既に来ていたのも含め)。条件次第では所謂「当たり日」なるものが発生するのですがまさにそれでした♪

他は、

キンオビナミシャク
▲キンオビナミシャク
ウコンエダシャク
▲ウコンエダシャク
キオビゴマダラエダシャク
▲キオビゴマダラエダシャク
コガタツバメエダシャク
▲コガタツバメエダシャク
ゴマダラシロエダシャク
ゴマダラシロエダシャク
▲ゴマダラシロエダシャク
シロスジオオエダシャク
▲シロスジオオエダシャク
ヒョウモンエダシャク
▲ヒョウモンエダシャク
カギバアオシャク
▲カギバアオシャク
ウンモンオオシロヒメシャク
▲ウンモンオオシロヒメシャク

等のシャクガ科多数。

コガタツバメは5日の晩から一気に姿を見せ始めました。ゴマダラシロエダシャクは擬死したり複眼が群青色だったり見てて飽きない蛾ですが、最初トンボエダシャクと勘違いしてしまっており勉強不足も実感。

キドクガ
▲キドクガ
ニワトコドクガ
▲ニワトコドクガ
モンシロドクガ
▲モンシロドクガ

ニワトコは大丈夫ですがあまり触りたくないキドクとモンシロドクも点々と目に付き・・・

とある道の駅では「これなんですか?」と薄暗く一見白っぽく見える蛾を島根っ子さんに尋ねられ、後で明るい所で確認するため適当に手の中にキープし他に目ぼしいのがいないかも少し見回り、、、

で、いざ撮影してみると見事なキイロの(薄暗い中ではどう見ても白っぽかったのに・・・)キドクガだってかなり焦ったり(>_<)


雨のせいか止まり方も地面にベタッとで新顔のナミシャクかと思ったんですよね、、幸い手のひらは無駄に皮が厚く尚且つソフトに包んでたので特に腫れはせず。親指の関節部分を少しヤラれただけで済みました(苦笑)

シロスジツトガ
▲シロスジツトガ
ナカムラサキフトメイガ
▲ナカムラサキフトメイガ
マダラミズメイガ
▲マダラミズメイガ
モモノゴマダラノメイガ
▲モモノゴマダラノメイガ

このあたりの小型種も面白いです。ニセシロスジツトガやクロオビマダラミズメイガなどそっくりさんがいる種も多くどちらか確認するのも楽しいですし(^^)

ただ60㎜マクロで接近すると撮影する前にロストすることもしばし(苦笑)・・・前載せたクロウスムラサキノメイガのように触覚の根元が白いかどうかが類似種との同定ポイントだったりすることもあるのでやはり等倍で撮れるマクロレンズがいいのですが、、、

キマダラアツバ
▲キマダラアツバ
オオシラホシアツバ
▲オオシラホシアツバ
マエジロアツバ
▲マエジロアツバ
ムラサキアツバ
▲ムラサキアツバ

シタバ亜科のアツバ類も順調に新顔が登場。あまり灯火には来ないらしいムラサキアツバが来ていたのが個人的には嬉しかったです(^^)

スジモンヒトリ
▲スジモンヒトリ
フタスジヒトリ
▲フタスジヒトリ
クビワウスグロホソバ
▲クビワウスグロホソバ

ヒトリガ科、、、

ナシイラガ
▲ナシイラガ
ウストビイラガ
▲ウストビイラガ

イラガ科、、、

クワゴモドキシャチホコ
▲クワゴモドキシャチホコ
セダカシャチホコ
▲セダカシャチホコ

シャチホコガ科、、、

マダラツマキリヨトウ
▲マダラツマキリヨトウ
キクビヒメヨトウ
▲キクビヒメヨトウ
ウスキコヤガ
▲ウスキコヤガ

ヤガ科、、、


新顔でもスレた個体や既見種は省略していますが新たな出合いが無い日はないです。その中でも特別嬉しかったのは、

オオカギバ
▲オオカギバ

まずは妖艶なオオカギバ。こいつは前回マクロで接近する前に即行逃げられ悔しかったやつで、幼虫の食草がウリノキなためいつものSAでは厳しいだろなぁと思っていた種。県中部にリベンジに行き無事確認できました(^^)

ウリノキ
▲食草のウリノキ(一昨年撮影)

カクモンキシタバ
▲カクモンキシタバ

次はカクモンキシタバ。文句なしの美麗種です♪


あと、

タケカレハ
▲タケカレハ
リンゴカレハ
▲リンゴカレハ

ボリューミィなカレハガ科も、中々相性が悪く出逢う機会がありませんでしたが一気に2種登場!

ヨシカレハやクヌギカレハなど幼虫の方とはよく遭遇するんですがね(^^;)



そしてラスト!!

シンジュサン
▲シンジュサン

今の時期最も逢いたかったシンジュサン(それもほぼ完品!)にも、島根っ子さんと最後に寄った本命ポイントで飛んでたのを捕まえました(^^)

60メートル程距離があり最初は沢山いたオオミズアオかと思って歩いて近づいたのですが、すぐにシンジュサンと判り齢25にして猛ダッシュ!! あまり灯火に反応せずパッタパッタ山の方へロストしそうなところを5m強の捕虫網をフルに伸ばしなんとか間に合いネットイン。
そして久しぶりに手の振るえを味わいながらの写真撮影・・・シンジュサン半端無いですww

まだこの先にヨナグニサンや海外だとエドワードサンとか更に横綱級が控えているなんて嘘みたいですよね(苦笑)



今週末は所用で散策には出れないですが、来週末は丁度新月!今から期待で胸が鳴り止みません、、、(笑)

[edit]

trackback: -- | comment: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

カウンター

検索フォーム

メールフォーム

リンク

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。