10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

キイロサナエ♀の羽化等、、、 

週末はトンボ以外の用事で京都・滋賀にいたので、その前後の羽化報告等を、、、


<6月1日午前8時半頃~10時前にかけて>

メダカに餌をやってると以前亜終齢で捕獲したキイロサナエ♀幼虫が睡蓮の葉の上によじ登ってきたので、観察しやすい場所に移動さすとそのあとすぐ足場を固定し裂開。

キイロサナエ幼虫羽化直前
キイロサナエ幼虫羽化直前
キイロサナエ幼虫の裂開
キイロサナエ♀の羽化
キイロサナエ♀の羽化
▲羽化過程の一部

キイロサナエ♀(テネラル)
▲処女飛翔後網戸に静止したところ

ほんの2時間弱で早々と羽化を完了し、見た目まだ弱々しい状態で飛び立ちました。自然下でもそろそろ未成熟個体が水域近くの谷筋に入ってると思うので注意して散策したいと思います。


<6月3日深夜>

クロギン(羽化不全)

クロギンがうまく裂開できずそのまま羽化不全となりました・・・色々改良して羽化の失敗はここ最近一切なかったのですが、こればかりはどうしようも、、、(>_<)


<6月4日夜21時10分過ぎ~翌日朝4時半前にかけて>

中齢で捕獲していたアオヤンマ♀幼虫がメダカを食べどんどん成長し、この日やっと羽化しました(^^)

アオヤンマ♀の羽化
アオヤンマ♀の羽化
▲羽化途中

アオヤンマ♀(テネラル)
▲朝7時過ぎの様子

ただこの個体本来なら友人が羽化観察する予定で今日渡そうと思っていたのですが・・・一日羽化予定日を見誤ってしまいました(^^;)

他に今飼育してて羽化が近いのはキイロヤマトンボとハッチョウトンボの私が楽しみにしてる種と、あとオオシオカラやモノサシ等フィールドでも観察し易い普通種だけなので羽化観察は延期ということに。このアオヤンマは豊岡市に放してきました。

ハッチョウトンボの終齢幼虫
▲飼育中のハッチョウトンボ終齢幼虫


<その他定点観察等、、>

クロイトトンボ♂
▲クロイトトンボ♂

今年は定点池のクロイトトンボの個体数が去年の半数以下ととても少なく、網を入れても中々クロイト幼虫が入りません。その代わりマーキングした個体が計85頭(♂63、♀22)とクロギンの個体数がものすごく多く、去年そこそこ網に入ったショウジョウやコシアキなんかも少ないことからも、明らかに喰われてるのではないかと・・・。

羽化殻だけでもクロギンは羽化シーズン序盤に早々三桁を超えたところからカウント放棄・・・こんだけいれば1頭ぐらい同色型♀がいてくれてもいいのにな~~なのに未だ出会えず、、

クロスジギンヤンマ♀の産卵
▲クロギン通常型♀の産卵の様子

クロギン同色型♀については、このブログにもよくコメントしてくださり個人的にもメールでやり取りさせて頂いているヤゴ専の先輩、Yacchan様と色々意見を交換し、同時にデータも集めている最中なので、今年の「秋のクロギン(夏以降に羽化するクロギンの通称)」のシーズンが終わったあたりに一度考えをまとめてみたいと考えています。


他は何故か池に蛇がたくさんいた日があったぐらいww

シマヘビとクロイト
シマヘビとアオダイショウ
シマヘビとアオダイショウ
▲シマヘビとアオダイショウ

この日は一つの視界の中に蛇が4匹(4頭?)写るほどたくさん池の水面に蛇がおり、シマヘビの中に1匹だけ混じってたアオダイショウが行く先々で文字通り絡まれていました(笑)

まぁ怪我することもなく時には並走したりしてたので結局何がしたいのか・・と言うか何だったのか(^^;)?



琵琶湖博物館の観察池
▲琵琶湖博物館にある観察池

あと滋賀に寄った際琵琶湖博物館に少し立ち寄ってきました。博物館に行く道程にも数頭アオヤンマを見かけましたが・・湖岸沿いはそこらじゅうアオヤン環境ですねww地元じゃ全然見つからないのに、、、

当然この観察池でも♂が数頭摂食していました。今日は(トンボ以外の)プライベートの合間に立ち寄っただけですがトンボメインで友人あたり誘ってまた琵琶湖周辺に散策にきたいとこですね。

[edit]

« 県北部のモートン・オオイト他、、  |  ~ヤブヤンマ飼育♀個体羽化~ »

この記事に対するコメント

「秋のクロギン」

Takaさん、
おはようございます。

実は訂正をお願いしたいのですが・・・

ブログ本文の中で、 「秋のクロギン」という呼び名は私の命名。 と書かれていますが、そうではなくて、元々、一部(なのかどうか、それもはっきりしませんが^^;・・)のトンボ屋さんの間ではそう呼ばれていたようです。 

それだけ、数は少ないながら、秋にクロギン成熟個体が確認される事実
は以前から知られていて、いつの間にかそう呼ばれていたようです。

まあ、些細 といえば些細な事ですが、この「業界」では色々と起こりうるので・・・(^_^;)

宜しくお願い致します<(_ _)>

Yacchan #cINthRVA | URL | 2012/06/08 09:03 * edit *

Re: 「秋のクロギン」

Yacchan様 どうやら私の思い込みだったみたいで、ご迷惑おかけしました(>_<)

先ほど訂正させていただきました。

Taka #- | URL | 2012/06/08 18:46 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://martiner.blog91.fc2.com/tb.php/114-c87fdb29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

カウンター

検索フォーム

メールフォーム

リンク

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。