10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

晴れの日のキイロヤマ・・・ 

前日の夜に電話で友人が明日キイロヤマトンボを見に行くことを知ったので、当然私の行動としては・・・

「ほな9時に○○で待ち合わせで!!」と即答。


夕方から仕事のため時間は限られますが、片道100キロほどなら気軽に行ける距離なので問題なしです。勿論した道で寄り道しながら、、、

キイロヤマトンボ♂

で、キイロヤマトンボ♂捕獲!!


・・・ちょっと端折りすぎですが、実際川に下りて網振っただけなので(^^;)

補足としては、

この日は午前9時から晴れの予報で、本来なら朝一を狙うところをこの晴れだす瞬間狙いに変更!・・したものの朝から綺麗な晴れ空で早くも計画倒れ。

ポイント到着直後1♀が産卵と2♂が縄張りを張らずに上流の方へ通り過ぎただけで、網を振るまもなくさっさと彼方へ・・・
やはり晴れの日の日中は中々飛ばないですね(>_<)

そこでちょっと間サナエ狙いに変更し、私が帰る直前にも一度キイロヤマ狙いに復帰。1頭だけ飛んで来た(通り過ぎるだけなのでチャンスは1回!)ので久しぶりに全力で捕獲に集中し、無事上の個体を捕獲し友人に手元で見てもらうことが出来ました(^^)

キイロヤマ自体はサナエを観察してる最中も時たま飛来しては抜けていくので、個体数はそこそこ出てたのだと思います。未成熟も摂食してたのでまだ増えそうですし。

キイロヤマトンボ♂
▲キイロヤマトンボの飛翔(ピンボケ、、)

不意に飛んで来ては行ってしまうので写真はこれが限界!(言い訳、、)

まぁ一応キイロヤマとは判るので・・


あとキイロヤマに混じりよく飛んでくるコヤマトンボですが、初見でも判るぐらい飛翔時の見た目が違います。まさかここでピンボケの写真が使えるとは予定外ですが(・・・、)実際飛んでくるときは鮮明ではなくこんな感じなのでイメージし易いかと、、

キイロヤマトンボ♂
コヤマトンボ♂
▲キイロヤマトンボ(上)とコヤマトンボ(下)

飛び方がキイロヤマ(ジグザグ)コヤマ(直線的)以外に、キイロヤマの方が名前通り明らかに黄色が目立ち、ボケてて写真ではわかり難いものの腹部がキイロヤマは明らかに細っそりしています。

捕獲はコースを読んで射程に入れれば問題なしですね。水面に近い場所を飛ぶので水を引っ掛けないことにだけ注意ですが、人への警戒心は低いので。


あとはサナエ散策中に見つけたのをいくつか、、、

オジロサナエ(テネラル)
▲オジロサナエ(テネラル)

アオハダトンボ♂
▲アオハダトンボ♂

キイロサナエ♂
▲キイロサナエ♂

ヤマサナエ♂
ヤマサナエ♂
▲ヤマサナエ♂

アオサナエ♂
アオサナエ♂
▲アオサナエ♂

垂直に腹部挙上した超イケメンなアオサナエに出会える特に嬉しい場面もありましたが、基本今の時期のサナエ科は元気に水域に出ていました(^^)

他にはグンバイ、ミヤマカワ、コオニ、モノサシ、アオモン、クロイト、シオヤ、シオカラ、キイトあたりを確認。


途中川の中から“さささっっ!”と予想以上に俊敏に上陸してきたコオニヤンマ幼虫なんかも見つけ、その後じっくり定位場所を探していたりもしました。

コオニヤンマ(上陸幼虫)
▲ここまで一気に出てきて静止、、その後のっそのっそと移動
コオニヤンマ(羽化途中)
▲岩の段差の壁面で羽化


天気にはフラれたものの、それなりに充実した観察ができました。♀を捕獲して魅せれ(←誤字に非ず)なかったことは反省点ですね。

次回は・・・というか遡り更新になってるので、早くアップできるよう善処します(^^:)

[edit]

« 6月16・18日  |  キイロヤマトンボの観察 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://martiner.blog91.fc2.com/tb.php/118-b6026ea4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

カウンター

検索フォーム

メールフォーム

リンク

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。