10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

三日見ぬ間の桜(ヤゴ)、、、 

今年は桜前線という言葉を聞かない気がします、、、地元姫路でやっとパラパラ咲き出したと思ったら東日本ではすでに散り始めという・・・なんとも過ごし難い早春。ただ生き物たちを見てみると確実に春が駆け足でやって来ているということが実感させられ、数日空けると何時の間にやら翅芽がパンパンだったり(苦笑)、、、


見たいものが多い時期に突入しましたが、今日は冬場姿をくらませていたヤゴがどの程度出て来ているのかを感じに行ってみることにしました。前後の気温や出て来ている場所、個体数、同時期に活動している生物等々採りたい記録も多いので。

オオサカサナエ亜終齢幼虫
▲オオサカサナエ亜終齢幼虫(当日最大サイズ個体)
オオサカサナエ若齢幼虫
▲オオサカサナエ若齢幼虫(当日最小サイズ個体)

1ガサ目からあっさり入ったのはオオサカサナエ幼虫。終齢は入らず亜終齢2に中齢複数と若齢2の20頭ちょい確認できました。

入った箇所は水深20センチ未満の場所(泥深さは入れない)が多く、最浅は2センチでどの個体もあまり泥深くは潜らず網を軽く引いて歩くだけでも居れば容易に入る感じ(苦笑)。数頭完全な砂底でも入りました。

一応深い場所でも確認できましたがある一定の範囲外では一切入らずで、同箇所でホンサナエやミヤマサナエも入ったのでただ単に溜まりやすい箇所だったものと思われます。

オオサカサナエ幼虫(齢期違い)
▲オオサカサナエ幼虫

今回確認できた齢期はこんな感じ。越冬前も終齢が確認できなかったのと、以前別の場所で5月に亜終齢と終齢が多く確認できたことから基本的に越冬後終齢になると思われます。ナゴヤサナエは去年年末に終齢個体を確認しているのでその辺りは多少生態が違うみたいですね(^^)


で、今回少し悩むことになったのが次の個体(左側の個体)・・・

メガネサナエ属sp.中齢幼虫
▲メガネサナエ属sp.幼虫(あえて腹端にピントを合わせています)

今回一番多く入った中齢の中に、採集中は小っこいのが入ると「また(オオサカ)中齢か、、、」と淡々とガサってたのですが後の集計の際えらくシャープな個体が混じってることが発覚・・・(・・;)

すこしズングリしたオオサカと比較すると、

オオサカサナエ中齢幼虫
▲オオサカサナエ幼虫(下)とメガネサナエ属sp.幼虫(上)

同種とはとてもねぇ・・・

ヤマとキイロよりは差があるかと(^^;)


以前島根っ子さんが別の場所で採集されたメガネサナエ幼虫を1頭戴いており、今は比較対象がそれしかないので「メガネであってほしい!!」としか如何せん微妙すぎて判断できませんが、日を置いて比較の分母数を増やしに再度行ってきたいと思います(^^)



下のは混生していたヤゴたちの一部、、、

ミヤマサナエとホンサナエ幼虫(共に中齢)
▲ミヤマサナエ幼虫(左)とホンサナエ幼虫(右)
アオハダトンボ属sp.幼虫
▲アオハダトンボ属sp.幼虫
羽化の近いダビドサナエ幼虫
▲羽化間近のダビドサナエ幼虫
キイロヤマトンボ終齢幼虫
▲キイロヤマトンボ終齢幼虫

アオハダ属の大きい方は直感的にアオハダだと思います。この1頭だけ大きく単発で採れ、隣の中齢も確認できたのは少しだけであとは水草周りで若齢(おそらくハグロ)が多数入りました。

ダビドは岸ギリギリで入ったので見た目どおり羽化は間近かと、、、

他には、

コフキトンボ
シオカラトンボ
オナガサナエ
ドンコ
マドジョウ
オイカワ

あたりが採れました。




この日は日の出前から蛾を探したり渓流でムカシトンボの上陸を探したり、気になる河川を見て回ったり色々しましたが今後の参考になった程度でメガネ属以外特に成果はなし。イベントといえば姫路への帰り道の途中るり渓近くで岩めくっていると地元の方?に水苔を密漁しているのと間違われていきなり怒鳴られたぐらいですかね・・・瞬間湯沸かし機じゃないんだからまず対話をしましょうよ、、まして立入り禁止ですらない場所ですし(--;)

結局ムカシトンボ上陸個体は見つからず水溜りでタカネトンボ幼虫がいた程度。最後に近所の春にタベサナエが真っ先に発生する池の様子だけ見て疲れたので家に帰りました。

トビケラの空き家
▲トビケラの空き巣

タベの羽化殻はなく池岸には止水系のトビケラの巣がたくさん鎮座していたのみ。

カスミサンショウウオの卵嚢
▲カスミサンショウウオの卵嚢
アカガエルの卵嚢
▲ニホンアカガエルの卵嚢

水路の溜まりには今年も多数の卵嚢が、、、

ヤブヤンマ幼虫
▲ヤブヤンマ中齢幼虫

卵嚢を撮影しているとふとヤゴのシルエットが視界の隅に入ったのでレンズを向けてみるとヤブヤンマでした。写真には左にすでに孵化したカスミの幼生や下の枝にミズムシ類が写っていたりと、ヤブにとってはエサ豊富で将来安泰ですね(^^)


次の更新はまだ未定ですがなるべく早くできるように頑張ります、、、

[edit]

trackback: -- | comment: 2

« ~春蛾~  |  泳ぐウチワヤンマ幼虫、、、(と京都の美味しいケーキ) »

この記事に対するコメント

しばらくぶりです!

Takaさん

こんばんわ。
相変わらず凄いですね~。息子と一緒によくブログを拝見
しているのですが、「この人すごすぎ」しか言わない・・(笑;

なんとか今日、アオヤンマとネアカヨシヤンマの幼虫GETしてきました。
以前、メールでお話した際に、Takaさんが仰っていた、アオヤンマの生息場所でのガサは、腰と網への負担がかなりのものでした。

あと、ムカシヤンマはまだ未見です(TT;
根気よく探してみますね。

では~。

GTS #UlArA6zo | URL | 2013/03/30 00:45 * edit *

Re: しばらくぶりです!

お久しぶりです(^^ヾ

まず、アオヤンとネアカの採集オメデトウございます!貴殿のブログに少し写っていた環境見るからにネアカがいそうないい環境ですね♪ 7月中旬頃から黄昏飛翔もしそうな感じですし、湿地に隣接する疎林にはよく♂♀両方篭っているのでそのあたりも狙うと面白そう(^^)

ムカシヤンマもシーズンに♂がテリ張ってる場所や♀の産卵現場見つけたらすぐですよ!


あと、息子さんも大きくなったら今の僕程度余裕で超えてますよ(^^)ただ行動範囲が広くて仲間に自慢できる成果を多少無茶しながら追い求めてるだけですし、、、難関種も探せば案外いますしね(苦笑)

今後とも当ブログ共々宜しくお願いいたします♪

Taka #- | URL | 2013/03/30 02:22 * edit *

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

カウンター

検索フォーム

メールフォーム

リンク

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。