06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

まさかの消灯、、、 

26日から27日の晩にかけて蛾狙いで(笑)少し山の方に入り遊んできました(^^)

環境写真

ここは有名な灯火スポットですがさすがにまだこの時期は人っ子一人居らず。今日は夏に向けてのロケハンを兼ねた散策だったのですが、夜9時に現地入りしこの場所と近くの道の駅の灯火をひたすら行ったり来たり、、、少しの時間差でも新しい子が来てたりするので。

そして何往復目になるか、、 車で一服し1時になったらもう一回りしよ!と、少し前にシンジュサンっぽいのが一瞬飛来したので意気込んでいるとふと視界が少し暗くなった気が・・・・・


最初何が変化したのか判らずとりあえず駐車場所真上のやや高い灯火(これは点いたまま)を一望。そして少し早いがもう行くか♪と本命の等間隔に並んだ上に載せた写真の灯火列にいざ向き直った瞬間まさかの状況に唖然・・・(・・;)




・・・消えちゃってました(笑)

明け方までここで粘るつもりだったのになぁ・・深夜に飛来しやすいヤツとかこれじゃダメじゃん(--;)

しょうがないのでいつものポイントに寄って渋々帰宅。本気で発電機の購入を検討し始めながら、、、ww




写真は今回減らしたのに80枚越えという、この場所で確認したもの(メイン)と前後の日にちょろっと見たのもまとめています。
多いので流してご覧下さい(^^)

アサマキシタバ
アサマキシタバ
▲アサマキシタバ

ここ最近最もよく目にするアサマキシタバ。今日も多数飛来しており灯火の周りはこんな感じです・・・赤丸で示した場所に付いてるのですが角度的に見えない場所や灯火下、並んで点いてるもう一灯含めここだけで20頭以上(苦笑)
まったくいないポイントもあるのでいかにホスト(幼虫の食樹)とのつながりが強いかを感じます。

アシブトチズモンアオシャク
▲アシブトチズモンアオシャク
カギシロスジアオシャク
▲カギシロスジアオシャク
キバラヒメアオシャク
▲キバラヒメアオシャク
クロモンアオシャク
▲クロモンアオシャク
ヒロバツバメアオシャク
▲ヒロバツバメアオシャク
ヨツモンマエジロアオシャク
▲ヨツモンマエジロアオシャク

この辺りは一般人が見ても綺麗と思えるアオシャク亜科のなかまたち(^^)

ウスアオシャク
▲ウスアオシャク

ただ個人的にはアオシャク亜科なのに全くアオシャクっぽくないウスアオシャクみたいなのに惹かれてしまうところ・・・シブイのが好きなので(苦笑)

ウスバキエダシャク
▲ウスバキエダシャク
オオトビスジエダシャク
▲オオトビスジエダシャク
コヨツメエダシャク
▲コヨツメエダシャク
セブトエダシャク
▲セブトエダシャク
ハミスジエダシャク
▲ハミスジエダシャク
ナミガタエダシャク
▲ナミガタエダシャク

このての中型エダシャクは近づいてみるまで未だに何奴か不明、、そのうちトンボみたく飛び方とかでも判るようになるんだろうか??

他は、

カブラヤガ
▲カブラヤガ
クロスジコブガ
▲クロスジコブガ
ヒロオビウスグロアツバ
▲ヒロオビウスグロアツバ
スジキリヨトウ
▲スジキリヨトウ
クサシロキヨトウ
▲クサシロキヨトウ
ネスジシラクモヨトウ
▲ネスジシラクモヨトウ

などの好きな人しか昆虫屋でもスルーしそうな地味系や、

シマヨトウ
▲シマヨトウ
モクメヨトウ
▲モクメヨトウ
ウスシロフコヤガ
▲ウスシロフコヤガ
クロクモヤガ
▲クロクモヤガ
ホソバネグロヨトウ
▲ホソバネグロヨトウ
プライヤエグリシャチホコ
▲プライヤエグリシャチホコ
ムラサキヒメクチバ
▲ムラサキヒメクチバ
ギンシャチホコ
▲ギンシャチホコ

など一見地味でも特徴的なヤツらが数は少ないものの種類は多く確認。

ホソバシャチホコ
ホソバシャチホコ
▲ホソバシャチホコ

この2個体のように同種でも結構個体差がでるものが多いので見てて飽きないです(^^)



あとスズメガ等大型種や派手系の小型種、さらに特徴的なヤツらもいましたが、その前にいくつか来ていた蛾以外も少し掲載、、、

タイリククロスジヘビトンボ
▲タイリククロスジヘビトンボ

幼虫は何故かヤマトクロスジばかり目につきますが今日灯火に来ていたのはすべてタイリクの方でした。どちらも普通種ですがタイリクの方が翅が太くごわついているように感じます。同定は翅脈を見れば容易。

コイチャコガネ
▲コイチャコガネ

目がカワイイ・・・

クロシデムシ
▲クロシデムシ
チャイロチョッキリ
▲チャイロチョッキリ
ケブカトゲアシヒゲボソゾウムシ
▲ケブカトゲアシヒゲボソゾウムシ

ケブカトゲアシヒゲボソゾウムシ(見たまんま・・苦笑)は旧名リンゴコフキゾウムシ。ヒゲボソゾウムシの一種だろと思い撮影して帰り、少し小さいのでコブかな?と家で拡大してみたものの結局あの地域でよく見かけるリンゴコフキゾウムシでがっかり。その後チョッキリゾウムシ族(チャイロチョッキリが何チョッキリか判らなかったので)を調べている際何気にリンゴコフキの方も見てみると、そこで初めて改名されてたことを知りました・・・つか覚え辛いよ(--;)

日本一長い名前の昆虫は「カノウモビックリミトキハニドビックリササキリモドキ」という直翅らしいですがまだこっちの方がリズムガあって覚えやすいですね(いまだに覚えてますしw)、、、中学の頃テレビで見て知ったものの誰も「カノウ採るぞー!」ってブログネタにあがらないあたりタイプ標本以外よくて数個体が極小地域で見つかっただけとかそんなところでしょうけどね(苦笑)

ヒメジョウカイ
▲ヒメジョウカイ
ヤハズカミキリ
▲ヤハズカミキリ
ワモンサビカミキリ
▲ワモンサビカミキリ
未同定
▲未同定

今度はハイイロじゃなくてノーマルのヤハズが同じ場所に飛来していました。ワモンサビも同所です。

未同定の個体は1センチほどの小さなカミキリ?ですが自分のデータベースでは該当するものが無いので一先ず保留、、、時間があるときに図書館に行くことにします。

(島根っ子さんよりアカハムシダマシとの助言を頂きました。ありがとうございます!)


他オサムシやゴミムシも色々いましたがその分野はまだ門外漢なんで今回は省略。さてまた蛾に戻って今度はスズメガ科を、、、

モンホソバスズメ
▲モンホソバスズメ
フトオビホソバスズメ
▲フトオビホソバスズメ

フトオビホソバは計12頭確認しましたが1頭モンホソバも混じっていました。

ハネナガブドウスズメ
ハネナガブドウスズメ
▲ハネナガブドウスズメ

フトオビホソバに続き多かったのがこのハネナガブドウ。静止時はまるでステルス戦闘機みたいなフォルムで中々にカッコイイやつです♪
雑草の茎2本がまるでカタパルト発進時の誘導レールに見えてきません?

エビガラスズメ
▲エビガラスズメ
クロホウジャク
▲クロホウジャク
ベニスズメ
▲ベニスズメ

他ウンモン、コスズ、コウチもいましたがこちらも写真は省略。次辺りはメンガタやウチ、行く行くはイブキやギンボシも見れたらな~・・・

シロスジアオヨトウ
▲シロスジアオヨトウ
ハイイロキシタヤガ
▲ハイイロキシタヤガ

この辺りも普通種ながら地味に嬉しい美麗種♪

オスグロトモエ
▲オスグロトモエ
シロスジトモエ
▲シロスジトモエ
エグリイチモンジエダシャク
▲エグリイチモンジエダシャク
ツマジロエダシャク
▲ツマジロエダシャク
トガリエダシャク
▲トガリエダシャク
セスジナミシャク
▲セスジナミシャク
シロモンアツバ
▲シロモンアツバ
チャハマキ
▲チャハマキ
キンイロキリガ
▲キンイロキリガ
キスジツマキリヨトウ
▲キスジツマキリヨトウ

やはり少し山へ入ると地元の周回コース(姫路市)では見ない顔ぶれも混じってきます。次のコマルモンシロガは初のアオイガ亜科の蛾ですし、標高が500m弱ほどなのでやや北方種のフジサワベニマルハキバガ等も確認できました。

コマルモンシロガ
▲コマルモンシロガ

残りはまるでクマノミみたいなフジサワベニ等派手な種や目立つ種です(^^)

ウラベニエダシャク
▲ウラベニエダシャク
ネジロキノカワガ
▲ネジロキノカワガ
キムジノメイガ
▲キムジノメイガ
ナカキトガリノメイガ
▲ナカキトガリノメイガ
マエベニノメイガ
▲マエベニノメイガ
クロウスムラサキノメイガ
▲クロウスムラサキノメイガ
ムラサキシャチホコ
▲ムラサキシャチホコ
ウストビモンナミシャク
▲ウストビモンナミシャク
ナミガタシロナミシャク
▲ナミガタシロナミシャク
ウコンカギバ
▲ウコンカギバ
ウスベニコヤガ
▲ウスベニコヤガ
トビイロトラガ
▲トビイロトラガ
ギンツバメ
▲ギンツバメ
フジサワベニマルハキバガ
▲フジサワベニマルハキバガ
ホソスジツトガ
▲ホソスジツトガ
モントガリバ
▲モントガリバ

モントガリバは何を思ってピンクの水玉模様を選んだのか・・・ww


当分週末はここに通うことになりそうです(笑)

[edit]

trackback: -- | comment: 0

« ヒキの強い二人、、、  |  カメラメインで、、、 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

カウンター

検索フォーム

メールフォーム

リンク

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。