10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

息抜き・・・ 

ヤンマ科のエサ用に入れているクロメダカにエサをあげようと、昼過ぎに飼育容器を覗いてみると・・・

クロギン♀

表層にクロギンが(・・;)



久しぶりにヤゴを見れて嬉しかったのと、その成長具合が若干気になったので息抜きがてら記事を書くことに!

(以下ヤゴの状態)
クロギン♀
クロギン♀
クロギン♀
クロギンの下唇

ずいぶん前に若齢で捕獲した個体で、当時は下唇側片の先端部がまだ判りにくい状態でしたが、ここまで大きくなると確実にクロギンと判断できるレベルに。

ただ・・・ちょっと成長が急ぎ足な感が…。


去年の「秋~冬のクロギン」もそうでしたが、やはり飼育下では、いくら野外で自然に近い状態で飼育したとしても何らかの差異は生じてるってことでしょうかね~・・・

水温は、外気任せにしていますが基本生息水域に近い状態、ですが、飼育容器は容積が小さいため温度変化がどうしても自然下よりは大きかったり、

飼育容器の設置場所がベランダであるため、日常生活で起こる刺激(騒音や、刺激など)が少なからず影響していたり、

エサが自然下より格段に得やすく栄養多価になって成長が促進されてる可能性も、、、


まぁひとまず、様子をみたいと思います。


クロメダカ
▲クロメダカも知らぬ間に数が増えてるような…(こんな小さい個体前までいたっけ・・・ww)



あとまったく違うネタになりますが、

顕微鏡写真のテスト

トンボの初齢幼虫や卵、その他諸々を今後撮影とかしていけたらいぃな~と思い、昔買ったボロい顕微鏡を引っ張り出してきて試しに果実バエの一種を撮影してみました(^^)

顕微鏡専用のカメラとか勿論持ってないので、手持のコンデジ(リコーCX5)で試しに撮影・・・双眼実体顕微鏡でもないので、まぁダメ元ってやつですねww

結果もこの通り。直接接眼レンズをカメラで覗くとピントが合いずらかったのでスクリーンに投影してみましたが、まぁまだまだ要改善です。



これから記事の更新間隔も徐々にですが上げていけるよう頑張ります(^^)

[edit]

« 去年出会った昆虫達、、、  |  あけましておめでとうございます!! »

この記事に対するコメント

あのAnax?!

黄昏ヤンマさま、おはようございます。

センター入試、寒さとトラブル続きで大変でしたね。

それはさておき、このクロギンは・・・?まさかあの・・昨年秋、私がクロギンであろうと推測した Anaxツートン幼虫?・・・ではないですよね・・・?

たしかあの時は11月初旬でしたから、いくらなんでもそんなことは・・・。

以前、県内の蜻蛉学会の人ともこの話題で連絡したのですが、

室内で野外同様の環境設定をしたとしても、実際の野外の場合と明らかな差が見出されたならば、やはり両者の間には何か決定的な違いがあるはず。との回答をいただきました。

写真の幼虫は、おそらくこの状態で冬を越して、春一番に羽化するんでしょうね。

もしこれがあのAnax若齢幼虫でなければ、あの子のその後の様子も知りたいですね(*^_^*)。

Yacchan #cINthRVA | URL | 2012/01/21 09:19 * edit *

Re: あのAnax?!

Yacchanさんいつもコメありがとうございます(^^)

センター試験はまぁ・・・現役時と色々違ってて確かにややこしく感じました。でも多少の想定外は世の中なんぼでもありますからねww


今回のクロギンですが、仰る通り以前掲載したAnaxツートン個体とはまた別個体で去年夏(7月)に定点観察のとき網に入った個体です。「秋のクロギン」が次々羽化してた去年秋の時点ではまだ亜終齢で、底のスイレン鉢と壁の隙間からエサを狙ってるのをよく見かけましたが、11月下旬以降浮遊ゴミ除去とメダカのエサやり以外飼育容器は放置状態になってしまっていたので・・・先日久しぶりに姿を確認した次第です(^^;)

今朝見たときは羽化木に倒立姿勢で掴まっていたのですが・・・何か嫌な予感が(汗)

春先まで待ってくれるのかな(・・;)


あと、去年10月29日に掲載した例のツートン個体は、あの後3回りほどデカくなってるのを11月中旬の水替えの際に確認(まだ下唇側片先端部は不明瞭…ただやはりクロギンよりギンに近い感じ??)したのが最後で、そのまま、、、

幼虫期を考えると、クロギンだと最短でも来年8月以降で確実に秋のクロギンとして。ギンだと一化目として発生することになると思いますが、どうなるんでしょうかね。

また状態が分かり次第報告します(^^)



『次回予告』

明後日月曜日に、久しぶりにOgiちゃんとガサガサに行くことにしました!!

狙いはサラサヤンマがいた湿地でサラサヤゴ、エゾヤゴ、ビロエゾヤゴ、あと秋に見つけたガマが超繁茂した池でアオヤンヤゴの予定です。どちらもシーズン時は陸地の植生がすごくて網を入れずらいのと、スズメバチが多くて落ち着いて作業できないので、、、寒くてもやっぱしガサガサは冬に限りますね(^^)

黄昏ヤンマ #- | URL | 2012/01/21 17:00 * edit *

黄昏ヤンマさま

そうですよね。 あのAnax幼虫なら3カ月弱で羽化直前にまで成長したことになっちゃうから・・・。
今の時期ではありえない話でしたね・・・(^_^;)。

7月に若齢でこの状態なら1-1ヶ月半程度早い感じですか・・。

羽化は・・そうですね、今後暖かい日が数日続くといきなりやられちゃうかも・・・何しろ今までが今までですから・・。

私の方は、一昨日朝、クロギン♂終齢を入れた小さな甕の表面が厚さ5ミリ程氷結していました(・o・)・・ヤゴが気になって取り出してみたら、特に変わった様子もなく一安心。

例のAnax、11月中旬で3回り大きくなりましたか?

現在なら写真を見ればある程度の見当はつくかも知れません。

とくに側面写真は、ギンなら成虫同様、幼虫も胸部が発達して逞しい感じなので・・・。

Yacchan #cINthRVA | URL | 2012/01/22 09:30 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://martiner.blog91.fc2.com/tb.php/73-bfd8288b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

カウンター

検索フォーム

メールフォーム

リンク

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。